暮らしの中に優しい時間

iyasikukan.exblog.jp
ブログトップ

タグ:練りきり ( 70 ) タグの人気記事


2018年 11月 16日

お土産用の練りきり

   朝晩 ずいぶん 冷え込んできました。

  お土産用を頼まれたので 練りきり2種。小菊と観世水。
   何分 道中 心配だったので 無難なものを詰めました。↓ 
 
   
f0186711_16223496.jpg


    小菊は 求肥つなぎの練りきりで。白にピンクのぼかしで。中餡は 小豆漉し餡を手亡白餡でくるんで。
    観世水は 時節柄 氷餅をかけて 初時雨のイメージで。

    

   そういえば このところ 私宛に 不愉快なハガキが 届いてます。いわゆる架空請求の類の通知です。全く身に覚えのない馬鹿馬鹿しい内容ですが、受け取ると気持ちが沈みます。    
f0186711_1641271.jpg

     
f0186711_16414151.jpg

         
  先日 自治会の防犯の集まりに来られた警察の方にも相談したのですが、明快な回答はなく・・・。
   しっかり 取り締まる手立ては ないんでしょうか。何とも 歯がゆい思いです。
   この手の通知は 受け取っても無視するように 皆さんも、くれぐれもご注意を。
[PR]

by kurashinonakaniya | 2018-11-16 20:00 | 和菓子 秋
2018年 11月 06日

練りきり 紅葉狩り

  紅葉の美しい頃となりました。

   ういろう生地で作った秋の練りきり。↓
   
f0186711_15155090.jpg

        ういろう製 紅葉狩り
 
     ういろう生地を2枚重ね、間に練りきり生地を挟んでぼかし模様を入れて 薯蕷餡を包みました。


   11月に入り そろそろ来年のカレンダ―を手配したいと思いながら いまだ見つからず。
    今 リビングに掛けているウィリアムモリスの日本版カレンダー。↓
       
f0186711_15294328.jpg


    実は 来年も同種のものをと思っていたものの 希望するサイズは輸入版しかないような・・・。たかがカレンダー されどカレンダー。 1年 掛けておくもの お気に入りを探すのもなかなか難しいものです。
          
    
[PR]

by kurashinonakaniya | 2018-11-06 15:51 | 和菓子 秋
2018年 10月 21日

薯蕷練りきり  照紅葉

 久々に爽やかな秋晴れの1日。お元気でお過ごしですか。短い秋を惜しむように時間は無情に過ぎていきます。物欲は 殆ど無きに等しいものの やりたいことだけは なぜか年毎に増えていき 身の程知らずに あれやこれやと走り回っている毎日。 久し振りの投稿となりました。
 今年の紅葉は 例年より少し早い様子 そんな秋を練りきりにしました。
  
f0186711_1591737.jpg

             薯蕷練りきり   照紅葉(てるもみじ)
  
 
  蒸した山芋をつなぎにして作った練りきりです。もう おなじみですね。中餡は 小豆漉し餡。  白の生地には 黒のすりごまを入れて 黒の生地は 漉し餡に鹿の子豆を混ぜ 黄色はクチナシの実で染めました。3色の生地を手のひらに載せて平らにして 小豆餡を包んだら 茶巾絞りに。
       
   急ぎ足の秋 今の時間を大切に。 
    
   
   
       
[PR]

by kurashinonakaniya | 2018-10-21 15:20 | 和菓子 秋
2018年 03月 31日

練りきり 櫻花

   桜を求めて 今日も沢山歩きました。 
   あちこち回って 1万5千歩あまり。ちょっと疲れました。

   時節柄 桜の練りきり クッキーローラー転がして作ってみました。 
   薄く伸ばした練りきり生地に 桜花の柄が浮かび上がって可愛いです。
   クッキー用だけでなく 和菓子作りにも 使えますね。       
    
f0186711_17313493.jpg

    
f0186711_17314477.jpg


       中餡は 桜葉の塩漬けの粗みじんを混ぜ込んだ白餡。
     
     
          
f0186711_2124893.jpg
  一番のお気に入りは 大堀川沿いの桜並木。 ↑の写真は 3日前のウオーキングの時のもの。見事な咲きっぷりでした。
     
[PR]

by kurashinonakaniya | 2018-03-31 21:35 | 和菓子 春
2018年 01月 21日

薯蕷きんとん 咲き分け

 多古産の大和イモを使って作ったきんとん。
 紅白は 咲き誇る梅の花。
 1本の梅の木から 競うように咲く紅白の梅花を表すオーソドックスなきんとんです。↓
  季節先取りですが 新年を祝う和菓子ということで作りました。
    
f0186711_1553555.jpg
  
           薯蕷きんとん  咲き分け

     きんとん生地30g 中餡25g

    通常より 少し大き目のきんとんになってます。
  
    遊び心で 中餡を梅風味にしてみました。      
   きんとんの芯の部分は さしす梅の果肉たたいて↓      
 
f0186711_16122212.jpg

    大納言粒餡で 包んだもの。↓
        
f0186711_1613295.jpg

         
     明日は 関東でも 雪が降るとか。
     巷では インフルエンザも流行っている様子。
      
      急な冷え込み 油断大敵 体調管理をしっかりと。          
[PR]

by kurashinonakaniya | 2018-01-21 16:37 | 和菓子 冬
2017年 12月 13日

ういろう 熟柿

     
   ういろう生地で 柿の実作ってます。
   中餡は 柿の実と柚子ジャムを白餡に合わせて小鍋で練り合わせ
   薯蕷餡で包んだとろっとした餡です。

     
f0186711_1524212.jpg
 
               ういろう製 熟柿   


    寒波襲来 関東も 大分冷え込んできました。
    雪国の生活を想うと やわな寒さに弱音をはいては いけませんね。
    背筋を伸ばして 気合いを入れましょう。
     

    頂き物の柚子で 今年も柚餅子を作りました。
    寒風当てて 出来あがりは 来年2月。
     
f0186711_15344645.jpg

    
     
[PR]

by kurashinonakaniya | 2017-12-13 15:58 | 和菓子 冬
2017年 12月 02日

練りきり クリスマスリース&サンタさん

     早くも12月 今年も和菓子で 一足早くクリスマス気分。
    お馴染み 口溶け柔らかな薯蕷練りきりです。
    馬毛の漉し器で漉しだした白いそぼろは 自然の色で。 
     セルクルで抜き取った生地の土台に、ふんわりそぼろを植えつけて 飾り物を載せたら完成です。 
      
f0186711_18311486.jpg

            薯蕷練りきり クリスマスリース

       柊の葉っぱは 練りきり生地。 赤はクランベリー 緑はグリーンレーズン


 白いおひげのサンタさんも 同じ生地で作ってます。↓
        
f0186711_18562261.jpg

            薯蕷練りきり サンタクロース
[PR]

by kurashinonakaniya | 2017-12-02 18:49 | 和菓子 冬
2017年 06月 28日

薯蕷練りきり 紫陽花のきんとん

 梅雨を彩る紫陽花を 今年も練りきりに。
 生地は 山芋つなぎの練りきり生地。
  
      
f0186711_14232237.jpg
 
          薯蕷練りきり 紫陽花のきんとん

      中餡は  北海道産大納言を炊いた粒餡。
       雨の雫は 寒天を煮詰めた錦玉。
        薄ピンクの雫は 赤紫蘇シロップで色つけました。  


   うっとうしいお天気が 続いてます。
   体調管理に 充分気をつけて。
   遅ればせで 献立日記を付け始めて 3か月余り。
   書き記すことで 日々の食事作りを見直してます。
   バランスよい食生活習慣 大事にしていきたいですね。
[PR]

by kurashinonakaniya | 2017-06-28 14:50 | 和菓子 夏
2017年 05月 21日

練りきり ばら

   季節のバラを 練りきりに。

    
        
f0186711_22372187.jpg



     5月だというのに まるで真夏のような強い陽ざし。
      ここ数日の急激な温度変化に 面喰ってしまう。
         人も植物も 充分な水分補給を忘れずに。
          
[PR]

by kurashinonakaniya | 2017-05-21 22:48 | 和菓子 春
2017年 04月 08日

練りきり ひとひら

   我が家の近辺の今年の桜は いまひとつ。
     見事な咲きっぷりを見ないうちに 散り始めそう・・・。
       どうも 気まぐれなお天気に 翻弄されてます。

      私自身の気持ちのスイッチも なぜか入らぬままに
         さくら ひとひら 練り切りに。
            中餡には 刻んだ塩漬けの桜葉を混ぜて。
           
f0186711_14302226.jpg
          
           桜の若葉の香りって ご存じですか。
             花散ったあとの柔らかな葉が出てきたとき。
             早朝のほんの一時放つ微かな香りがいい と幸田文さん。
               桜餅の葉っぱをずっと上品にしたような。
                 佇まないと気がつかないほのかな香りだとか。
                             
                          
[PR]

by kurashinonakaniya | 2017-04-08 15:28 | 和菓子 春