人気ブログランキング |

暮らしの中に優しい時間

iyasikukan.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 16日

 どうにかこうにか

 止せばいいのに 細切れ時間に細々と刺しはじめたバラの刺繍。
  糸色少なくシンプルな図案  でも やっぱり 手間取って。
   目は チカチカ 肩は こるし 布目の数を数えるのは なんともしんどい。
    刺繍するのは楽しいけれど 糸と針を持つのは どうも・・・。
     刺していくうちに もう 図案は適当に無視していくことに。
       極めていい加減な完璧主義者だと 改めて思った。 
          まあ とりあえず 完成。めでたしめでたし。
            少しの達成感と大きな解放感を味わった次第。                        
f0186711_14483851.jpg


# by kurashinonakaniya | 2017-02-16 15:19 | 暮らし
2017年 01月 29日

 薄切り林檎のパイもどき

   皮つきの生の林檎を載せたパイもどき。
    生地は 先日の金柑と小豆餡の包み焼きと同じように バターは使わず。
     アップルパイやタルトタタンより 手軽でヘルシー。
       生の林檎を使っているので さっぱり 甘過ぎないのがいい。

       
f0186711_14465594.jpg

        薄く伸ばした生地に 金柑シロップ塗って。
         薄切り林檎 キビ砂糖 シナモン スライスアーモンドを散らす。

        焼きあがりに 溶けない粉砂糖を振ったら完成。
         熱々も 冷めても なかなか美味しい。

f0186711_17224359.jpg



          ノロウイルス  インフルエンザも流行の兆し。
           健康管理に注意して 丁寧な暮らしを大切に。
             


         

# by kurashinonakaniya | 2017-01-29 15:12 | 焼き菓子
2017年 01月 23日

金柑と小豆餡のパイもどき

 寒さ 真っ盛り。 
 風邪予防に金柑の蜜煮を炊いたのは 数日前。
   小豆漉し餡と合わせて パイ風の包み焼きに。
     
f0186711_15311336.jpg

    パイといっても バターは未使用。
    ふるった粉類に牛乳 サラダ油 水を混ぜ合わせたのが生地。
    ボールの中で カードを使って3~4回切っては重ねてパイもどきに。
    
    薄く伸ばした生地は 10センチ角にカット。
    中心に餡と金柑を載せて包みこむ。
    
f0186711_15374125.jpg
 

     とじ目と表面に卵黄塗って高温のオーブンで焼成。
      サクッとしたパイもどきの完成だ。
       ほうばれば 出てくる熱々の餡と金柑。
        普段着の 身体にほっこり 真冬のおやつ。  

               
f0186711_15492482.jpg
  

# by kurashinonakaniya | 2017-01-23 16:14 | 焼き菓子
2017年 01月 20日

長期熟成田舎味噌

  今日は 大寒だとか。
  厳しい冷え込みが続いているのも無理はないですね。
  あんまりの寒さに 何をするにも気合いが必要のようです。
  そろそろ 寒仕込みのお味噌を作らなくちゃいけないなと ・・。
   
      まずは オーソドックスな長期熟成型の辛口のお味噌に着手。
        で、朝から 保温鍋を使いながら大豆を炊いてます。

        ↓は ちょうど去年の今ごろ仕込だ田舎味噌です。
       
f0186711_1613346.jpg

                 長期熟成型辛口田舎味噌  2016年製 
           
           白米麹600g 大豆800g 塩500g使用 


  去年秋から 食し始めてます。お味噌汁には短期熟成の白味噌とブレンドして。

# by kurashinonakaniya | 2017-01-20 17:13 | 発酵
2017年 01月 18日

手作りキムチの素

 これも暮れに作っておいたキムチの素。
  もうじき なくなりそう・・・。
  
f0186711_157963.jpg

   ニンニク 生姜のすりおろし アミの塩から 韓国産粉唐辛子 唐辛子ナンプラー
   オイスターソース 砂糖 醤油  酢 塩を混ぜて 空き瓶に入れて常温保存。
   発酵を促進させるために 甘酒も少し入れている。

    こういうものって レシピなんてあってないようなもの。
    辛いもの好きは 唐辛子多めにっと そうじゃないお方は 控えめに。
     まあ その辺の分量は 臨機応変に。  
     
   キムチの素さえあれば キムチ作りは超お手軽。
    これは セロリのキムチ。→ 
   
f0186711_2394515.jpg

   セロリ1本 筋も取らずにザクザク切って 塩を振ってしんなりしたら 水洗い。
   しっかり水気を切って 小さな容器に入れて時々上下を返して。
   朝漬けて その日の夜でもいいけれど 2日目以降が 味は しみる。 
   小さなサイコロ状に切った大根も同様にして漬けるのもいい。
    
      雪深い地方 記録的な大雪 大変だなと案じてます。
      くれぐれも 無理のないよう お大事に。     

   

# by kurashinonakaniya | 2017-01-18 15:58 | 発酵
2017年 01月 09日

かぶら寿司 覚え書き

  暮れに作ったかぶら寿司は これで おしまい。
   寒さの中で いい具合に熟成されて今冬も漬かりました。
              
f0186711_151168.jpg



    手間と時間は かかるものの やはり外せない北陸の味です。
     今回は 18枚のかぶら寿司が完成しました。
     ブリは 例年より若干高めだったかな。      
      ブリ500g 蕪@250g程度のもの9個使用  
      床は 白米4合の固めのおかゆに自家製白米麹600g使用。
      塩漬け 12月16日
      本漬け 12月23日
      食し始め12月31日~  


  ◎追記  2018年のかぶら寿司メモ
      
      聖護院かぶらは 適当な大きさのものが手配できず かなり大きく
      致し方なく 半円にカットして ブリをサンド。
      心配をよそに、漬けあがりは 良好。食し始めは 今回も大晦日。
      麹床の状態もよいまま 新年6日には 食べつくす。
            
f0186711_21111299.jpg

          
      

# by kurashinonakaniya | 2017-01-09 15:54 | 発酵
2017年 01月 08日

手作り生七味

 暮れに作っておいた生七味。
 お昼のお雑煮に ちょこっと載せて。
  これが なかなか いい仕事をしてくれる。
    
f0186711_15211997.jpg


  早くも もうじき なくなりそう。
  おうどんや 鍋物の薬味にも重宝。
  材料細かくして ただ混ぜるだけの簡単なものなのに 生七味の味わいは魅力的。
  
  小瓶に入れて 冷蔵庫で保管。
  
f0186711_1523532.jpg
 
      鷹の爪 柚子の皮 黒いりごま 生姜 粉山椒 青のり 塩麹。
     それぞれの分量は お好みで。   


   

# by kurashinonakaniya | 2017-01-08 15:37 | 暮らし
2017年 01月 08日

練りきり ゆずの実

   雪でも降りそうな冷え込みが続いてます。
    かじかんだ手で作った練りきりは やっぱり寒々として・・・。
     
   薯蕷つなぎの生地に ゆずのすりおろしを混ぜて。
   中餡は 柔らか目の小豆漉し餡。

    
f0186711_1439372.jpg

                薯蕷練りきり ゆずの実

        気が付いたら 冷たい雨が降ってました。
        予報通りですね。

        夜は お鍋にしましょうか。         

# by kurashinonakaniya | 2017-01-08 15:07 | 和菓子 冬
2017年 01月 05日

新しい年

  新たな年の幕開けから 5日目。
   喪中とはいえ 例年通り 年末年始の準備に追われてました。
     久々に一同集まり 穏やかな年初めでした。  
      昨日は 家人の誕生日の報告を兼ねて 新年の墓参へ。
                             
      使った漆器や寝具の片づけも終えました。
       また二人の生活の始まりです。
                  
          
f0186711_1627918.jpg
 

           今年も どうぞ 宜しく。      

# by kurashinonakaniya | 2017-01-05 16:58 | 暮らし
2016年 12月 24日

薯蕷きんとん クリスマスツリー

  瞬く間に クリスマス。
      いつものことながら 小さな和菓子は きんとん仕立てで。
     とろっとした柔らかな口どけは 蒸した山芋の裏ごしをつなぎにして。

          
f0186711_1418286.jpg

                 薯蕷きんとん クリスマスツリー
    
 
    父 逝去に始まり 色々あった今年も あとわずか。
    ここへきて どっと疲れが出たのか? 珍しく風邪模様・・・。
     やっと普段のペースを取り戻しつつあるところです。

       気になっていた かぶら寿司の仕込み どうにか終えました。
       まあ 無理せず あとは 出来ることだけということで。

         来る年に思いを託して どうぞ みなさん よいお年を。
        
f0186711_171523100.jpg


# by kurashinonakaniya | 2016-12-24 14:51 | 和菓子 冬
2016年 12月 12日

白菜の漬物鍋

 自家製の白菜の塩漬けと生の白菜を入れた我が家の鍋料理。
 乳酸発酵した白菜が グツグツ煮えて 鍋汁のいい出汁になっている。
   入れた魚は 真鱈。
   
  
f0186711_23301331.jpg

    汁が少なくなってきたら 昆布出汁と白菜の漬け汁を加えて。

       シメには 中華麺ひと玉 薬味に 青ネギの小口切り。

        
   9日夜放送の大原千鶴さんの「あてなよる」。テーマは 漬物。
   漬物鍋も この中で披露されていた。
   番組では 湯引きしたタイを使って プチトマト入り。↓
     
f0186711_23392665.jpg
 
    女将の大原さんのお料理に ソムリエが選んだお酒が ぴったり。
    深夜の放送なので 録画で見ることが多い。
            

   偶然にも10日の朝刊の肴ごはんのテーマも 漬物鍋。
   レシピは 枝元なほみさん。
   袋で漬けた白菜漬けとすぐき漬けを使って 豚バラ入り。
   汁には 鶏ガラの素も併用。ミツバを散らして。
f0186711_023135.jpg

    高菜やザーサイでも美味しいと枝元さん。 
  
    同じ白菜を使った漬物鍋も いろいろ。
    アンテナ張って マンネリ打破を忘れずに。       

# by kurashinonakaniya | 2016-12-12 00:12 | 暮らし
2016年 12月 07日

柚子と餡のサンドクッキー

   柚子風味の焼き菓子のご紹介。
  しっとりした皮の間に 粒餡とゆずジャムを挟んで焼きました。
    
f0186711_16545027.jpg

                柚子と餡のサンドクッキー

        皮にも ゆずのすりおろしを入れてあります。
         ゆずジャムと餡 この季節ならではの出会いです。


         暦の上では 大雪とか。
         体調管理 しっかりと。
   

# by kurashinonakaniya | 2016-12-07 17:13 | 焼き菓子
2016年 12月 03日

酒粕のツイストクッキー

 新酒の酒粕が 出回る頃。
  クッキー生地に酒粕とラムレーズン混ぜて焼いたツイストクッキー。
   酒粕入れると チーズ風味になるのは 何とも不思議。
    
     サクサク軽い食感は、パイみたい。
      食べやすく細長くカットして ツイストさせて焼成。
  
f0186711_2134744.jpg

   

# by kurashinonakaniya | 2016-12-03 21:47 | 焼き菓子
2016年 11月 30日

鹿の子 黄落

  求肥に柚子皮のすりおろしと柚子風味の柿ジャムを入れて作った鹿の子です。
   煮溶かした寒天で艶だし。
    公孫樹に型抜きした練り切りと ケシの実を飾って。
      
     
      
f0186711_11562132.jpg

                  鹿の子  黄落


    11月も今日で終わり。
     ブログ開設 いつの間にか9年目に突入してました。
       ホントに 早すぎます。
        

# by kurashinonakaniya | 2016-11-30 12:14 | 和菓子 秋
2016年 11月 24日

オレンジ風味のチョコクッキー

 常備のオレンジの蜜煮を入れて焼いた 爽やかな香り立つチョコクッキー。
   しっとりした食感 ちょっぴりビターな焼き菓子。
    バター 卵は 未使用。
      
f0186711_22502370.jpg
  


     オレンジとココア 相性は バッチリ。
      平たく伸ばしたココア生地に 蜜煮を向こう半分に載せて 二つ折りして焼成。
        
f0186711_22542310.jpg
 

    
        11月の雪 シンシンと冷え込む。
         風邪ひきに 足元にご用心を。
          

# by kurashinonakaniya | 2016-11-24 23:17 | 焼き菓子
2016年 11月 18日

柚子の実なる頃

    
   Sさんのお庭で獲れた本柚子を頂いたので 真っ白な柚子餅を。
      
      
f0186711_1775145.jpg

                雪平製   柚子餅

         餅粉で作ったメレンゲ入りの雪平生地
         濡れ甘納豆とおろした柚子皮入れて固めました。
          仕上げにも 柚子のすりおろしを散らして。

           厨房は 柚子の香りで いっぱいです。



059.gif
  お料理や和菓子用に使いたいので 早速 保存用に柚子ジャム作り。  
       
f0186711_2156289.jpg


     今年は いつもと違う手順で ジャムにする。
     丸のまま 柚子を竹串が通る程度にゆでてそのあと 水さらし3時間程度。
     
f0186711_2271923.jpg

      途中水替えして アクがぬけたら 半分にカット。
       種を取って 汁をしぼって。
      果肉は フープロで ガーッと。
      糖分は 生柚子の重量の70%程度で。
      半カップ強の水で 果汁とお砂糖を沸騰させて2~3分煮溶かしたら、
      果肉を入れて アクをとりながら 5分程度火入れして完成。
      熱いうちに 瓶詰め。上下を返して そのまま冷ます。
      常温で 1年保存可。 

# by kurashinonakaniya | 2016-11-18 17:37 | 暮らし
2016年 11月 11日

昆布豆とお気楽パン

  昆布豆。
  保温鍋で 朝炊いたお豆です。
   シンプルに昆布だけで炊きました。
     
f0186711_16594059.jpg


     炊きあがって 粗熱がとれてから 冷蔵庫へ。
      
f0186711_1743218.jpg
          冷えて 味がしみれば 食卓へ。           

          大豆の下処理は いつも保温鍋で。
           軟らかく茹でて 小分けにして冷凍しておくと 何かと便利です。
           
f0186711_1781058.jpg


     先ほど焼いた数日分のパン。↓
     
f0186711_1719257.jpg

       仕込みから焼き上がりまで きっかり90分。
        手軽に出来るお気楽パン これも心強き相棒です。

        
   
            

# by kurashinonakaniya | 2016-11-11 17:35 | 暮らし
2016年 11月 10日

定番の栗まんじゅう

    蒸し饅頭もいいけれど オーブンで焼いたお饅頭。
     栗饅頭のご登場。
     おなじみ 栗の渋皮煮を小豆漉し餡で包んで。
     この種のお饅頭は 焼きたてより少し時間が経ったほうが 美味。
        
f0186711_17315235.jpg

       栗饅頭って 普通は白餡かなと思いつつ 小豆漉し餡包んでました。
        
       今年の渋皮煮は 早くも なくなりそうです。008.gif
                
f0186711_17503346.jpg

          
          木枯らし吹いて 冬間近。
            
          風邪をひかないように 体調管理を充分に。 

# by kurashinonakaniya | 2016-11-10 18:26 | 焼き菓子
2016年 11月 01日

豚バラと蒟蒻牛蒡のおばんざい

     
    何故だか ほっとする和の煮もの。            
      豚バラとコンニャクとごぼうの味噌仕立て。
      こっくり軟らかく炊いた定番おかず。
        豚バラの脂肪分が いい味出してくれてます。                     
f0186711_16151467.jpg

      薄切り生姜と豚バラを煮こみ鍋に入れて お酒とお醤油で5分煮たら
        ヒタヒタお水に 乱切りごぼう コトコトコトコト炊いていく。

          ごぼうが軟らかくなったら コンニャク投入 水補給。
          お味噌とお砂糖を煮汁で溶き入れ さらに コトコト。
           汁気がなくなるまで 煮含めて もう少しで炊きあがり。 
               ドーンと器に盛ったら 針生姜を忘れずに。
                                 

      日暮れが早くなりました。
      何をするのも 日没との勝負 気がつけばそんな頃・・。
       少しずつ 冬支度。   

# by kurashinonakaniya | 2016-11-01 17:30 | 暮らし
2016年 10月 28日

バター風味のカボチャ饅頭

   ハロウィンを意識した訳では ないけれど・・・。 
  バター風味のカボチャ饅頭。
   お饅頭の皮の生地にバターを練りこんで。
     カボチャが隠れているとは 思えないでしょ。
          
f0186711_14594429.jpg


      20gの皮で同量のカボチャ餡包んで蒸したもの。
      中餡は 手亡豆の漉し餡に蒸しカボチャを混ぜたカボチャ餡。
      練りあげてから シナモン入れて 風味づけしました。              
         
f0186711_150914.jpg



    急に冷え込んで 予報通りの雨。
    日も短くなって 季節の大きな変化を感じる日。    

    文字通り 晴耕雨読と決め込んで。 
    相も変わらず食に関わるエッセイは 図書館からの借り物で。
     ←は その一冊。          f0186711_15182436.jpg
 
      味噌汁の実 その扱い方 和え物 焼きもの 煮もの ・・・
       まさしく 味噌尽くし。どこを読んでも教えられること多々。
       辰巳芳子さんの母 浜子さんの名著。
        芳子さんとはひと味違う?自然体の文章に ホッとする。                
      

# by kurashinonakaniya | 2016-10-28 16:07 | 和菓子 秋
2016年 10月 26日

べこもちで小菊

       
  先日のバラに続いて べこもちで作ってみた小菊の花。
      今日のは だんご粉を使って生地を作りました。
     生地を分割して パーツの色染め。
       予定していたより 手間取って042.gif
         蒸したて熱々のスライスです。 ↓        
f0186711_1224913.jpg

  
     
f0186711_12343093.jpg

       
    金太郎飴のように出てくる小菊の花。
     その花びらの作り方を初めて知りました。
       これは 色々応用できそう。
       もう少し きりっと可憐な小菊を咲かせたいものです。   

# by kurashinonakaniya | 2016-10-26 12:40 | 手作り菓子
2016年 10月 20日

レンジで鶏おこわ

  お昼のごはん。
   在るもので作るのは まあ いつものことで。
     レンジで炊いた簡単おこわ。
       うるち米ともち米を合わせて 1カップ。
      蒸らし時間も入れて 20分ちょっとで出来上がり。
   
f0186711_1462448.jpg

   
    鶏肉 ごぼう こんにゃく 揚げ シメジ。
    どれも 中途半端に残っていた材料の寄せ集めで。
     残念ながら 人参は 全くなかった・・・ 彩り 寂し。 
      
f0186711_1464375.jpg

      我が家のレンジは 家人が単身赴任中に使っていた年代もの。
       500ワットの極めて単純なレンジですが。
         何かと頼りきっている毎日です。
        
            便利といえば 軽くて握りやすい金のレンゲは友人から。
            ごぼうの皮むきやコンニャクちぎりに 活躍中。
            おかげさまで 重宝しています。040.gif 
f0186711_14212652.jpg

              
  

# by kurashinonakaniya | 2016-10-20 14:59 | 暮らし
2016年 10月 16日

秋鮭で 蒸し煮

  冷蔵庫に秋鮭が二切れ。
   エリンギとシメジは 魚介の代替ということで。
     ボリュームアップで ペコロスも。
    白ワイン 生トマト 水を加えて 蒸し煮。
      なんちゃって アクアパッツア?   
          
f0186711_17103822.jpg
 

         
          ブイヨンいらずで 魚から いいスープが出てくる。
            在るものでクリアする そう決めた日のひと品です。                                  

# by kurashinonakaniya | 2016-10-16 17:28 | 暮らし
2016年 10月 12日

初めてのべこもち

     北海道や東北の郷土菓子べこもち。
      カットすると 金太郎飴のように楽しい図柄が出てくるお餅。

      まえに koroさんが紹介されてた「べこもちの本」を図書館で発見。
       これ 幸いと 早速 作ってみることに。
       はじめの一歩は 作りやすそうな薔薇の花柄で↓      
 
f0186711_15594961.jpg


     生地は 手持ちの餅粉と上新粉 上白糖加えて 熱湯でこねたもの。
       パーツに分けて 色染めして大きさを揃える。
          
f0186711_16264859.jpg
     
        それぞれを棒状に組み立てて 形を整えてカット。
        中火の蒸し器で15分。
           蒸しあがったら うすく油を塗った盆ざるで冷ましました。
          
f0186711_1628571.jpg


             
f0186711_16295243.jpg

     
     小さなべこもち作り 楽しいですね。 
     もう少し練習して 旬な絵柄を幾つか作れるようになりたいものです。

# by kurashinonakaniya | 2016-10-12 18:22 | 手作り菓子
2016年 10月 11日

紅玉でジャムとバター

   急に涼しくなって 温度の急変化に 戸惑っているものの。
    抵抗なく お豆を炊いたり 果実を煮たり そんな季節の到来は いいですね。
   加工用の林檎は  やっぱり酸味のある紅玉で。
    真ん中の瓶は 林檎バター。後方の3瓶は おなじみ林檎ジャム。         
f0186711_1421216.jpg

           紅玉で 林檎ジャム&林檎バター
  
     林檎ジャム 自然な紅色に いつも魅せられます。
      天然紅色は 皮の抽出液で。
       林檎バターのほうにも 実は この抽出液入れているんですが・・・。 
          
                 
f0186711_14324458.jpg
               ほのかーに ピンク色しているんですけど 見えません?・・・。   
          林檎1個に30gのバター使用。 レモン風味の爽やかな味です。               

# by kurashinonakaniya | 2016-10-11 17:03 | 暮らし
2016年 10月 09日

ドライトマトのラー油

 自家製ドライトマトを入れて 作ってみたトマトのラー油。
   
      
f0186711_14503154.jpg


     良質のゴマ油に ネギと生姜 ドライトマトの粗みじんを香りよく炒めたら 
      お酒に 韓国産唐辛子を加えて  最後にお醤油。
       そう  火を止める間際に あの さし酢も 入れてみた。
          味は しまって なかなか 美味なラー油に。
        
      
f0186711_1502546.jpg

          足したり引いたり さしづめ厨房は小さな実験室・・。

         実りの秋ですね。 
          栗や紅玉を炊いて 保存食作り。
            コトコト炊いて 黙々作業。
              静かに流れる時間を大切に。


# by kurashinonakaniya | 2016-10-09 16:45 | 暮らし
2016年 10月 05日

90分で焼いたパン

  図書館の本の返却日が迫っていた。
    返す前に 今朝 ウインナー入れて焼いたパン。↓
          
f0186711_14303249.jpg

                    ウインナーロール


      「生地を混ぜていただきます」まで90分!

       レシピは 世界の食文化に詳しい荻野恭子さんの著書   図書館からの借り物 ↓
f0186711_14351249.jpg
 
            ボウルひとつで おかずパン  講談社 荻野恭子著

  
         思い立ったらすぐに作れるおかずパンが 色々。
          藤田さんのこねないパン同様 荻野さんのおかずパンも魅力的。

           パン作りは 面倒という意識は 最近全くなくなった。
           ご飯を炊くように 気軽にパン作り。
            素朴でも 焼きたては やっぱり美味しい。

      f0186711_15333516.jpg  
   ←鶏のから揚げとレタスをサンドした おかずパン
 

# by kurashinonakaniya | 2016-10-05 17:20 | 暮らし
2016年 10月 01日

パウンド型の葡萄パン

   パウンド型で焼いた小さな葡萄パン。(もちろん こねない生地で)
   このところ ずっと 山型で 甘酒入りこねないパンを焼いていたので 何だか新鮮。
    思うことあって 初心に戻って レシピに忠実に焼いてみた。↓
     
     
f0186711_15543380.jpg

     
        焼いてみて そう こんな感じだったなと思い出した。
          原点に戻るのは やっぱり大事と感じた日。
        

# by kurashinonakaniya | 2016-10-01 16:55 | 暮らし
2016年 09月 25日

麦味噌解禁

 なんだかんだで、9月も 終盤。
 今年1月に仕込んだ麦味噌 そろそろ食し始めていい頃だった。
  ということで 本日 お披露目。
    天地返しは 月に1度しているものの やはり開けるたびに 異変はないか心配。
    
f0186711_1615519.jpg

      
    表面のラップを外す。  順調な仕上がりに まずは一安心。
   
    
     
f0186711_16152868.jpg


     自家製麦麹と大豆は同量 塩は その半分。
     中期熟成のほどよい甘辛味は 林弘子さんのレシピに従って。
     いつもの我が家の味噌より塩の分量は 多い。その分 夏越しは 気楽。

     久々のお天気。
     遅ればせに サフランを埋めて ハーブの種蒔いた。
     気になってた布団の片づけ 包布 大物の洗濯ものが 気持ち良く片付いた。
     二人暮らしだというのに 天気に関係なく 毎日の洗濯は 欠かせない。
     浴室の乾燥機は フル回転だったこの数日。
     やはり 何といっても 太陽の光。 晴れの日は ありがたい。
       

# by kurashinonakaniya | 2016-09-25 16:41 | 発酵
2016年 09月 19日

栗のおはぎ

   
  栗の蜜煮の角切り入れて作ったおはぎ。  
f0186711_6445079.jpg


     おはぎを包む餡は 表面が乾かないように練りあげ時に水飴入れて。↓
      

       
f0186711_8523918.jpg
              
      

# by kurashinonakaniya | 2016-09-19 07:01 | 和菓子 秋