暮らしの中に優しい時間

iyasikukan.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 07日

練りきり  小菊

  24節気のひとつ 白露の日。
  朝露に濡れた草花に 季節の移ろいを感じるころ。
     夏の終わり。
     暑くても  すこしずつ秋ですね。
     重陽の節句も 近いので シンプルな菊の練り切りを。
      絹布巾で 茶巾絞りにした 求肥つなぎのお馴染みの練り切り。↓
       中餡は 小豆漉し餡を手亡豆の白餡でくるんだもの。 
        すべて 北海道産のお豆を使ってます。     
        
f0186711_15193774.jpg

                  
  
  次々 列島を襲う台風。
  甚大な被害の報道に 胸が痛みます。
  これ以上 大きな犠牲が出ない様にと ただただ祈るばかり。
  農産物への影響も心配です。
       
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-09-07 16:02 | 和菓子 秋
2016年 08月 29日

いもようかん

  はっきりしないお天気に翻弄されている毎日。
  お元気ですか。
  いろんなことのあった8月も もうじき終わり。
   暑くても 虫の声に 少しづつ秋の気配を感じる頃ですね。
    気持ちを引き締めて 日々の暮らし 丁寧に過ごしたいところです。  

    火を使わないで作る いもようかん。↓
    もう お馴染みかとも思いますが 
     
f0186711_15463330.jpg
 


    レンジとフープロ併用で 超簡単手軽に出来るいも羊羹です。
      同じものを作るのでも そのプロセスは 色々。
       こだわりも大事だけれど 時には上手に手抜きをすることも必要かと。
         少しでも多くの引き出しを作って 臨機応変にと思ってます。

           
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-08-29 16:30 | 和菓子 秋
2016年 08月 22日

茄子の生しば漬け

   さしす梅のさし酢を使って漬けた茄子の生しば漬け。
    赤いしば漬けもいいけれど これもまた美味。

    茄子とキュウリ ミョウガ 生姜を合わせて 塩をふって下漬け半日。
   そのあと水気を切ったら さし酢に醤油と砂糖少し加えたものをふりかけて ネジ式容器に入れて冷蔵庫へ。
    あまり漬けこまないほうが好きなのだけれど2日ほどおくと味は、なれてくる。
      
  
f0186711_15185841.jpg

      京都名産の漬物を自己流に。
       好きに作って 好きに食べる それがいい。 

          
f0186711_15323668.jpg
 
            厨房の窓から 外を見る。大風大雨のお天気。
            今日は 終日 家の中で。
            
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-08-22 15:45 | 暮らし
2016年 08月 18日

とっからこしょう味噌

 糠床に ため込んだ古漬けの処分を兼ねて とっからこしょう味噌を作った。
 
f0186711_5411766.jpg

   
 「とっからこしょう」とは 青唐辛子のこと。
   重石をかけて水分を抜いた古漬けと青唐辛子の小口切りを刻んだものを入れた練り味噌。
    古漬けは まる1日かけてミイラのようにぺしゃんこに。
    使うお味噌は 自家製の甘口の白味噌120gと赤味噌30gを合わせて。
     みりんと餅米麹から作った甘酒も入れて 弱火で練っていく。
      仕上げにフープロにかけた鰹節を10g程度加えて完成。
        焼きおにぎりの具や野菜スティックに添えると美味しい。
       


   ガラスの小さな空き瓶に ちょうど2瓶の出来上がり。
     
       青唐辛子は 4本使ったが 辛さの加減は お好みで。
        レシピのもとは お馴染み林弘子さんの「スローな手づくり調味料」。
        付箋をつけながらも いつの間にか自己流に。 それもまた楽し。                   
f0186711_2126597.jpg

       作りつづけていくうちに 我が家の味 私の流儀に変わっていく。 
          調味料づくりは 底知れず面白い。          
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-08-18 21:43 | 暮らし
2016年 08月 17日

小さな収穫

   2年ほど前から庭で育てているたった1本のブルーベリー。
    少しずつ 実ったものを収穫しては 冷凍保存していた。
     いくらか貯まって でも どうにかこうにか140g程度((´∀`))
       
      ジャム作りというほどの量でもないけれど 
        わずかでも実のなるものは やはり嬉しい。
       ということで 今年のブルーベリージャム。↓

         
f0186711_15314791.jpg
 


     昨晩 グラニュー糖とレモン汁かけて冷蔵庫に入れておいた。
      今朝 取り出してジャム作り。
         ルクルーゼの鍋で 強めの中火。
          竹べらで混ぜながら 6分程度。
            あっという間に 出来上がり。
            小さな小さな我が家の収穫祭。
        
f0186711_15375291.jpg



   お盆休みも終わったけれど・・・。 
   リオ五輪観戦で いつもにも増して睡眠不足気味。
   残暑厳しく あまり無理はできないなと思ってます。
   どうぞ みなさんも お身体ご自愛のほどを。

            
f0186711_166154.jpg

                   八ヶ岳から届いた今年の絵手紙↑
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-08-17 16:14 | 暮らし
2016年 07月 29日

梅雨明けですね。

 関東地方も昨日 梅雨明け。
   太陽光線が まぶしい日。
    気になっていた雑事を早々に片づけて 久々のひとりの時間。
      どこかへ出かけようかと思いながらも 照りつける太陽に面食らう。
       どうも 最近 紫外線アレルギーのよう。
         
        まあ 家で ひとり気ままに 自分ペースで それがいい。
          夜には 八ヶ岳から  ご帰還の予定なので。

        
f0186711_152842.jpg
  
           夏の白味噌作り。↑
           暑さを考えて 塩は いつもの極甘味噌より若干多め。
            塩切麹と皮を剥いた茹で大豆を合わせて軽い重石をして暗い所へ。
             半月後 フープロにかけて冷蔵庫へ。仕込みから1カ月で使えるお馴染みのお味噌。       
     
            中断していた土用干しも。 ↓        
f0186711_15353917.jpg
  

   いよいよ 本格的な夏到来ですね。
     暑さに負けないようにお大事に。


059.gif 2016年8月下旬梅干し2種 
f0186711_160434.jpg

            さしす梅&袋で漬けた紫蘇梅干し

          どちらも 無事出来上がりました。
          さしす梅のさし酢は 調味料として活用しています。
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-07-29 15:37 | 暮らし
2016年 07月 25日

3時の天使

    線香花火を連想させるハゼランという花。
    
    何年か前読んだ秋山ちえ子さんのエッセイで この花の記載あり。
     そこで知ったハゼランの別名のひとつ それが 「3時の天使」。    
       午後3時を過ぎたころから咲く花だから。
      
      種がはじけて増えていくこの花は 旺盛な生命力があるのに
      苗からは なかなか育たないらしい。
       去年 空き家になってたお家の前に咲いていた1本の花茎を失敬。
       種をとって この春 種蒔きした次第。

        数日前から  可憐な花を咲かせている。
         名前通りに 午後3時を過ぎてから 数時間咲くのはホントに不思議。
           
f0186711_16292071.jpg


          雑草の類で 片づけるには かわいすぎる花だと思いません?
          
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-07-25 16:55 | 植物
2016年 07月 24日

上用粉でチーズケーキ

   レモン風味のベークドチーズケーキ。
   和菓子に使う上用粉(うるち米の粉)と米麹で作った自家製甘酒を使って。
     甘酒は トロトロにフープロにかけて。  
       もっちりとした焼き上がり 表面も亀裂ない状態で焼きあがった。
      グラニュー糖を減らして その分 甘酒もう少し増やしても。
       試行錯誤は 面白い。           
    
f0186711_148532.jpg



 
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-07-24 14:03 | 焼き菓子
2016年 07月 20日

暑さの中で

  梅雨明けは まだだというのに 真夏のような陽ざし。

  暑さの中で 麹が 育つのも瞬く間。
   仕込みから まる2日程度で 綿毛につつまれて白米麹が誕生。
     
f0186711_14234080.jpg


   誕生といえば 例年6月に孵化する我が家の鈴虫集団。
    さすがに 近親が 7年も続いたせいか 今年生まれたのは 8匹足らず。
     あの涼やかなコーラスが 今年は 聞けそうにないのは 寂しい。
      



    袋で漬けた真っ赤な梅と さしす梅。↓
     今年はじめてのさしす梅も 結局1キロ追加して さし酢に漬けた次第。
       なので 合わせて4キロの南高梅2種。
         ホットスポットは 私個人の見解で 無理やり解禁ということにして。
          今年は 久々に 太陽光を浴びさせる。
          
f0186711_142599.jpg

            明日 明後日のお天気が 気にかかる。
     
      
   ☆急がば回れ
 
    お天気は 一転して 梅雨寒の日・・・。
    昨晩 とりこんでおいたので 梅は 雨には 当たらず。
    朝  ざる上げした梅↑を それぞれの漬け汁に戻す。
    2度手間になってしまったけれど 致し方なし。
     慌てる必要など全くなかった・・・。

    土用干しは やはり晴天続きの8月になってから。
      
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-07-20 15:28 | 暮らし
2016年 07月 13日

鰯の山椒煮

  じめっと 蒸し暑い日。
  何だか 気持ちが 今ひとつ のらないけれど。

  冷蔵庫に 鰯があった。 
  時間をかけて煮炊きをする。
  そんな地味な作業は いい気分転換になる。
   平たいお鍋に鰯を入れて 薄切り生姜 酒と水でヒタヒタに。
    コトコト コトコト 僅かに煮立つ火加減で 2時間余り。
     そうそう あの進行途中の「さし酢」も入れてみようっと。 
     
     骨まで軟らかくなったら 一気に味付け。醤油とお砂糖。味醂をちょっと。
      煮汁がトロってしてきたら 山椒の醤油漬けを散らして火を止める。
        
f0186711_1615429.jpg

        このまま 寝かして 煮汁を浸み込ませて出来上がり。        

    

    そういえば 朝10分のスクワットを始めて ちょうど1年が過ぎた。
     ほぼ 毎朝欠かさずの生活習慣のひとつになったのは 我ながら驚き。
       時折 辛いなあと思う時もあるけれど。
        乗り掛かった舟? 足腰の筋力作り これからも。
         何事にも 負けられないという思いで。      
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-07-13 17:09 | 暮らし
2016年 07月 10日

アイスキャンデー

  時間との戦い?
  溶けないうちに 急いでアップ。
  アイス玉3種のご紹介。

   
f0186711_12165046.jpg

      まんなかの赤玉は 赤紫蘇シロップ&ミルク 
      うっすらイエローがかってみえる左のは 甘酒に蜂蜜レモン&ミルク
      氷をはさんで 右の白いのは 煮梅のシロップ&ミルク

     こちらは  生姜入り甘酒&ミルクのバー
      
f0186711_12213886.jpg


      全部 割合は 1対1で。
      甘酒は フープロにガーッとかけて 滑らかにしたものを使用。
      中に入れるもので バリエーションは色々。

      どれも シロップの甘さ 甘酒の甘さを考慮して お砂糖無しで。
        長年使ってたパンダのかき氷器 去年処分してしまったのを 思いだした。
        巷で話題のふわふわの台湾風かき氷も 魅力を感じるけれど・・・。
         まあ しばらくは 100均の製氷皿で アイスキャンデー作りを。
     
f0186711_12331111.jpg

            
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-07-10 12:38 | 暮らし
2016年 07月 03日

ゆる寒天と煮梅

   暑くてたまらない日のデザート。
   ゆるめに固めた寒天に 煮梅を添えて。
     
f0186711_16111848.jpg

                ゆる寒天の煮梅添え

      寒天液は レンジで煮詰めたもの。
       水分量多くして ゆるめに固めた寒天。加えたお砂糖も控えめで。
         煮梅の汁も最後に加えて 冷やしかためる。
         器も冷やして ざっくりスプーンですくった寒天ゼリー。
           煮梅との相性は ぴったり。
           煮梅のシロップを張って 飾りはレモンバームの葉っぱ。


      
        
f0186711_16213946.jpg

[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-07-03 16:27 | 和菓子 夏
2016年 06月 30日

6月晦日に

    6月も終わり 瞬く間に 夏越しの祓いの日。
  この半年のけがれを落として 残り半年の無病息災を祈る日。
   氷に見立てた三角の餅 熱い夏を乗り切ろうとこの日食べるのが 水無月。
     京都の神事だというけれど いつの間にか 我が家でも。 

    そういえば去年は 塩豌豆載せて水無月 作ってた。
     塩味のさっぱりした水無月も良かったけれど、今年は濡れ甘納豆でオーソドックスに。

    1年に1度作る行事菓子 毎年 少しずつ作り方を変えている。
      いつも 同じじゃ つまらないし 小さな冒険が楽しいので。
       今年の餅生地の配合 レシピノートに走り書く。
        うまくいくかと半信半疑で 蒸しあげた。 
         今年の水無月は 餅生地に自家製甘酒入り。
             その分 加えるお砂糖は控えめで。            ↓
         
      
f0186711_13464543.jpg

                   行事菓子   水無月
 
  甘さは控えめ、プルプルした食感の素朴な味に 仕上がった。
     今年の餅生地の材料 (上用粉 本くず粉 白玉粉 上白糖 甘酒 水 ) 
 
           水無月 食べて 邪気払い。 
           残り半年 無理なく 元気に前向いて。    
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-06-30 13:57 | 和菓子 夏
2016年 06月 24日

天然酵母のイーストで

  熱々の山型食パン 例によって 自家製甘酒入りの捏ねない生地のパンです。
    いつもと違うのは S子さんから頂いたドイツ産のドライイーストを使った点。
      こんがり芳しいパンの香りが たちこめてます。       
f0186711_16152892.jpg
 

     有機穀物で作った天然酵母のドライイーストは 初めて使いました。
      添加物無しの安心感が やっぱり嬉しいです。

       型入れしてから最終発酵は 通常より20分程度長く時間をかけました。
        あとの扱いは ほぼ いつもと同じ。
        
        f0186711_16213122.jpg 

        ←500g入りのパッケージ。
        これだけあれば かなり長く使えそう。 
          せっせと  パン焼きしないといけませんね。
           茶筒に入れて 密封保管  大事に冷蔵庫へ。

           そういえば・・・     
          この間いらした時  蕾だったバラの苔玉も また咲き始めてます。
            花が終わったら 鉢植えにしたほうが大きく育つかなと思ってます。
          
f0186711_16524986.jpg


    
         
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-06-24 17:22 | 暮らし
2016年 06月 23日

梅のういろう

    旬の梅をモチーフにして作った和菓子です。 
       青梅の時期は 早くも過ぎてしまったので・・・。
         少しオレンジがかった ういろうにしました。↓

         
f0186711_1424692.jpg

                   ういろう 南高梅
 

       中餡は 手亡豆の白餡に 今年の煮梅を合わせた梅餡で。
            
       
     こちらは おなじみの煮梅。↓
     蜜につけて 半月経ったところ。
     甘味が中まで浸透して いい塩梅に仕上がりました。
       初夏のおもてなしに。      
f0186711_1432274.jpg

[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-06-23 14:45 | 和菓子 夏
2016年 06月 20日

最後の夏椿

   1日花の夏椿。
  梅雨時に毎年 恥じらうように咲くはかなげな白い花。
   別名 沙羅の木。
     次々咲いているけれど たぶん 今年で お別れになりそう。     
f0186711_15523789.jpg


    実は もうずいぶん前から キクイムシに侵食されている。
     植木屋さんに注意され 根元に 薬を注入してきたけれど・・。
      敵は  なかなか しぶとい。
       もう どうにもこうにも限界。

          根元は  目下ゆらゆら状態。
            家人が 麻紐で かろうじてサポート。

          精一杯 律儀に咲いてる我が家のシンボルツリー。
           その姿を記憶にとどめて 最後の1枚。
   
       
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-06-20 16:18 | 植物
2016年 06月 15日

梅仕事色々

   梅仕事も あと少し。
  今日は 袋の梅漬けに 赤紫蘇を投入。
  すっかり定着した袋で漬ける梅漬け。 2か月待てば出来上がり。
   でも 今年は 窓辺に3日ほど干そうかな なんて思ったりも。
    ホットスポットに それほどいつまでもこだわらなくてもいいかなとも・。

f0186711_16205777.jpg



   この間 「きょうの料理」で放送された 横山タカ子さんのさしす梅干し。
   完熟梅を瓶に入れて ザラメ糖と塩 酢を入れる簡単なもの。
    塩分控えめ ザラメとお酢で フルーティな味に仕上がる様子。
     早速 1キロの梅で試してみた次第。
      たっぷり「さし酢」に浸かって こんな感じ。
         
      
f0186711_16532529.jpg

                   さしす梅

       完熟梅 1キロ ザラメ糖300g 粗塩100g 酢カップ4


   
     「さしす」とは 横山さんの造語。
      砂糖の「さ」塩の「し」酢の「す」の頭文字をとって名付けたとか。
      梅雨明けに土用干しをして出来上がり。
     
       副産物の「さし酢」も調味料として活躍しそう。


     059.gif土用干しを終えて出来上がったさしす梅↓ 2016年8月下旬
 
   新たな梅のお仲間に。040.gif     
f0186711_11281447.jpg
 
    

  煮梅のレシピ
  青梅で作る「辰巳さんの煮梅」毎年アクセスが多いので COOKPADに載せました。
  作り方の手順 参考になさっていただければ幸いです。     
    059.gif
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-06-15 17:22 | 暮らし
2016年 06月 09日

ゆかり餅

  
   去年作ったゆかり粉も もう残りわずか。
   そのゆかりで作ったのが 紫蘇の香りいっぱいのゆかり餅です。↓
            
f0186711_16175777.jpg

    ゆかり入りの求肥で、大納言粒餡を包みました。
    青じその葉っぱと一緒にいただくと さっぱりして美味しいです。
     
     求肥は 家庭で少量作る場合は 電子レンジが無駄なく簡単です。
     参考までに 白玉粉1: 水2: 上白糖2が 求肥の基本割合です。
      

      梅仕事は 順調ですか。
    梅雨時のこの時期は 一年で一番やるべきことが多くて。
    さしづめ  体力勝負といったところでしょうか。
    
       すこーし ゆったりしたいと思うこの頃ですが・・・。 
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-06-09 16:43 | 和菓子 夏
2016年 06月 06日

あじさいまんじゅう

   関東も 梅雨入り?
   
    おなじみ 半薯蕷のあじさい饅頭。
     うすーい皮で たっぷり粒餡包んでます。
     
f0186711_1648199.jpg

    
   皮はザラメと大和イモをおろしたものをあわせたもの。
      
     赤紫蘇シロップで 淡いピンクに色付けしたつもりだったけれど。
       蒸しあがったら あの色は どこへやら・・・。

         何事も 思惑通りには なりません。        
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-06-06 17:11 | 和菓子 夏
2016年 05月 31日

醤油漬け2種

 5月も おしまい。 今年も出回り始めた季節の食材に向き合う頃。  
  山椒と青唐辛子。旬の味覚をそれぞれ醤油に漬けて。

   山椒は 湯がいてから水に浸けてアク抜き 笊あげしたら 水気をしっかり切って。
   ヒタヒタのお醤油につけて 10日ほど 出来上がりを待つ。↓ 
   
f0186711_15552928.jpg

                 山椒の醤油漬け


  小口切りの青唐辛子と同量のもち米麹を瓶に入れて お醤油注ぐ。
  時々かき混ぜて 出来上がりは 仕込みから1か月後。
     ご飯のお供 冷や奴に載せたり。辛いもの好きには たまらない。↓
    
f0186711_1628401.jpg

                 青唐辛子の醤油漬け

  
           
   
   
  
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-05-31 17:24 | 暮らし
2016年 05月 23日

パプリカの酢漬け

 カラフルなパプリカを見かけると 酢漬けにしておくと何かと重宝。
   
f0186711_21151436.jpg



   材料は こんな感じで用意。↓
     
f0186711_16484174.jpg

      パプリカ 赤 黄色 各1個 玉ねぎ半個 青唐辛子1~2本程度
        唐辛子の量は お好みで加減して
        パプリカ 玉ねぎは 5ミリ角に。 青唐辛子は 薄切りに。
        カットした野菜の重量を計って 同量の酢 塩は酢の10パーセント。

        ビンに入れて 日の当たらない所で常温保存。
        サラダのドレッシングに混ぜたり トッピングにしたり。
        ピラフやチャーハン パスタの具材にもなる。
        彩りもきれいだし いい薬味にもなるお助け素材。
        漬けていくうちに 色は 少し褪せていくが 長期の保存可。
         レシピはあの林弘子さんの「スローな手づくり調味料」から。 


   
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-05-23 17:20 | 暮らし
2016年 05月 21日

甘酒入りこねないパン

 
  米麹で作った甘酒入りのパン。もちろん 力入らずのこねないパン。
  ↓は 数日前 オレンジの蜜煮とラムレーズン入れて焼いたもの。
   f0186711_16475872.jpg 
   冷凍保存して 食べる前にチンしてトーストしている。
   ←で明日の分は なくなってしまったので 朝 生地を合わせておいた。
   
     で、先ほど 焼きあがった雑穀とレーズン入りのパン。↓
     これも 例のごとく 甘酒入りで こねないパン。
     
    
f0186711_16491122.jpg
  
     粗熱とれてから スライスした。
       
    
f0186711_16501814.jpg

       袋に入れて 冷凍。まずは これで安心。  


ダッチオーブンで焼いた自家製ドライトマトとコーン入りのパン 
   これは 粉の一部にコーングリッツ入れて焼いたもの。↓     
f0186711_11195371.jpg
 
    
f0186711_11214919.jpg
 


     甘酒は 直径15センチ足らずの小さな土鍋で作ってる。↓
      
f0186711_1705239.jpg
 
         残りご飯にお水を足して電気釜でおかゆを作ってから 土鍋に。
         自家製米麹を適当に加えて 100℃のオーブンで10分加熱。
         10分経っても しばらく そのままで。オーブンの余熱を利用。
          そのあと ビニール袋に入れて 幾重もの布でくるんで保温。
           今の時期なら あったかいところに放置しておけばいい。
           10時間もすれば 甘ーい甘酒が出来上がってる。 
            小さなガラス瓶にいれて 冷蔵庫で保管。
              砂糖や味醂の代替として重宝している。
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-05-21 17:29 | 暮らし
2016年 05月 14日

新潟の水飴でフロラン

     新潟土産の水飴は、べっこう色。
      さらったした添加物なしの自然の甘さが魅力。
      原料はもち米と大麦だけ。
       創業以来400年守られた製法で作り続けているとのこと。
       新発田にある老舗の和菓子屋さん 菊谷さんの「御水飴」。↓
      
f0186711_6473120.jpg
 

     水飴を使っての調理の恩恵 それは色艶を良くして 乾燥防止 増粘効果。 
      なので 餡の練りあがりや、餅生地に混ぜたりジャム作り等に。
         
       いつものフロランティーヌにも使ってみた次第。 
      焼き上げたクッキー台に アーモンドの飴がけをして焼成する焼き菓子。
          新発田の水飴を使ってのフロランと相成りました。↓
             
                     
                

f0186711_782285.jpg

         
      
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-05-14 21:57 | 暮らし
2016年 05月 11日

きんとん 風薫る

     
   ミントリキュールを入れて固めた羊羹をきんとんに。
    おなじみ 今ごろから夏に向けての 爽やかな風味のきんとんです。
      お皿も ひんやり冷やして さあ どうぞ。 
          
      
f0186711_12231548.jpg

               きんとん  風薫る


                    中餡は とろっとした口どけの薯蕷あん。↓
                
f0186711_1303637.jpg
 


  プレゼントのハーブ 窓辺に飾ってから 寄せ植えにしました♪
   吹く風 強すぎて ラベンダーじっとしてくれないけれど 記念の一枚を↓                                   
  
f0186711_13174716.jpg

[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-05-11 13:31 | 和菓子 春
2016年 04月 27日

練りきり かきつばた

   毎年納得しながらも この時期 いつも思うこと。 
   あやめも菖蒲も杜若も その区別は なかなか難しい。
         
     まあ 一応 ↓のは 杜若(かきつばた)ということで。
     
        
f0186711_1494476.jpg

                  こなし製 かきつばた   
  

    もっちりとした食感のこなし生地で作った練りきり。
       個人的には とろっとした薯蕷つなぎが好みなのだけれど    
         「こなし手形物」という粉ものつなぎの練りきりだ。
       関西では、この種の練り切りが主流のよう。
 
        火どった白餡に小麦粉と餅粉を加えてから30分程蒸したら布巾でもんで。
        白蜜で硬さを調整した生地を色付けして成形。中餡は 小豆漉し餡
         
      

     
    
 
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-04-27 14:44 | 和菓子 春
2016年 04月 18日

種菌で麹作り

   種菌を使っての 自家製麹作り。
    ↓は 白米用の種菌を使って。
      種菌は ネットで入手して茶筒に入れて冷蔵庫で保管。
       
     
f0186711_163158100.jpg

       蒸した白米をひと肌程度に冷ましたら 種菌を全体にふりかける。
       耳かき一杯程度で十分だけれど 心配なら 気持ち多めに。

      あとの手順は 友麹作りと全く同じ。
      今の時期 まる三日で白米麹は 出来上がる。
      
f0186711_16544748.jpg
 
         540gの白米で 完成した麹は 650g前後。 
         ジッパー付きビニール袋に入れて冷凍保存。

       麹を作るって そんなに難しいことでは ありません。
       特別な道具もまったく必要なく 自宅で手軽に オリジナルな麹が作れます。
           麹を作り始めて 5年あまり。 
           麹のない生活は もはや 考えられなくなりました。       
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-04-18 17:36 | 発酵
2016年 04月 08日

薯蕷きんとん 櫻雨

  昨日の雨で 満開の桜は 早くも散り始めて。
    花の命は はかないですね。

     雨に濡れた桜がモチーフのきんとん。  
     とろっとした口どけが特徴の薯蕷つなぎの上生です。↓

 
f0186711_16564257.jpg

              薯蕷きんとん 櫻雨


     きんとんの芯は 求肥を包んだ大納言粒餡。
 

                           
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-04-08 17:34 | 和菓子 春
2016年 04月 04日

たけのこご飯

   新のタケノコで作る たけのこご飯。
    その作り方は 色々あるけれど 具材もタケノコと揚げだけ。 
       炊き込まないで作る春の味つけご飯↓
      
f0186711_1728826.jpg

     
   細かく切った揚げとタケノコは お醤油味で味よく煮て
    笊に上げたら 冷めないように。
    タケノコ炊いた煮汁と出汁でご飯を炊いていく。
       炊きあがりに具材を混ぜたら 出来上がり。

       今年は 遅れ気味だった桜も咲いて ようやく春ですね。
        
f0186711_190257.jpg
    
               
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-04-04 17:37 | 暮らし
2016年 04月 01日

甘酒入り山型食パン

   相も変わらず こねないで作る山型食パン。
    見たところわからないが 実は自家製米麹で作った甘酒を入れて焼いている。
      このところのマイブーム。↓          
f0186711_14324950.jpg

   水分量の一部を甘酒で代替。その分 加える砂糖は 抑えて。
    もっちりとした焼き上がり トーストすると さっくりとした食感。 
          生地の配合 発酵条件は その都度微調整。
           走り書きのノートに記している。
            少しでも 納得のできるものをと 厨房で模索中。
 
            レシピを数字に置き換える作業は、なかなか難しい。
              いつの間にか ためこんでしまった走り書きのメモ。

                そろそろ整理しないといけないな・・・。
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-04-01 16:22 | 暮らし
2016年 03月 30日

花より団子?

 桜満開は まだのようだけれど 家人は 陶芸仲間と運河沿いのお花見に。
   まさに花より団子 飲んで食べて賑やかに花見の宴?まあ それも 結構なことで。
    
f0186711_13412314.jpg


     3月も あと1日。
     久し振りに 家に居る時間。
      年明けから無我夢中で過ごした。
         今日は  ひとり すこし ゆったりと。
           
               
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2016-03-30 13:47 | 暮らし