人気ブログランキング |

暮らしの中に優しい時間

iyasikukan.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2019年 06月 29日

甘納豆入り葛かん

  大納言小豆の甘納豆を載せて固めた プルルンとした食感の葛かん。6月晦日の夏越しの祓いを意識して 関東人の私も例年オリジナルの水無月もどきを作っている。小豆は邪気祓い 三角は氷を意味する。 

   
f0186711_1435390.jpg

          
   桜の新葉に葛かん載せて 今年後半の健康と平穏を祈願する。
 

by kurashinonakaniya | 2019-06-29 14:12 | 和菓子 夏
2019年 06月 26日

練りきり 紫陽花のきんとん

 紫陽花は 梅雨を彩る身近な花。今日は 真夏のような強い陽射し。 梅雨の晴れ間 大事にしたいけれど 紫陽花には やはり雨が似あいます。 今年も 例年通り 紫陽花のきんとん 作ってます。今日のは 錦玉で作る小さな雨粒の代わりに 葉っぱを添えました。 練りきりの生地は、白手亡豆の漉し餡に求肥を練りこんだものをそぼろにして。 きんとんの芯は 求肥を包んだ小豆粒餡です。 
f0186711_14162579.jpg

            練りきり 紫陽花のきんとん



 


  数日前の曇天の日に 庭木の剪定を終えて良かったです。
  暑すぎる日 熱中症に注意しないといけませんね。    

by kurashinonakaniya | 2019-06-26 14:59 | 和菓子 夏
2019年 06月 22日

 晴耕雨読

   庭木の剪定をするつもりだったけれど、雨が降り始め 外の作業は また後日。
 
 夏の花のブーケの刺繍。余裕のあるときに ほんの少しずつ、刺している。↓
 確か 五月の連休明けから始めたのに まだ半分にも達していない。このペースだと、完成は 夏も終わりになる頃? 布目を数えて 糸色変えるのに手間取っている。まあ あせらず ゆっくりと。
 
 
f0186711_16423945.jpg


   図書館から借りた本に リズミカルに書かれた梅の記述あり。まるで口承文芸のように 人から人へ伝えられている七五調。漬けられる梅の立場が興味深かったので 返却する前に 書き記した。
 
   「梅の一生」
  二月三月花盛り うぐいす啼いた春の日の 楽しい時も夢のうち
  五月六月実がなれば 枝からふるい落とされて 何升何合はかり売り
  もとより酸っぱいこのからだ 塩に漬かって辛くなり 紫蘇に染まって赤くなり
  七月八月暑いころ 三日三晩の土用干し
  思えばつらい事ばかり これも世のため人のため
  しわは寄っても 若い気で 小さな君らの仲間入り 運動会にもついてゆく
  まして戦のその時は なくてはならぬこのわたし。   

 

 
  梅仕事を始めとする一連の漬けこみ作業 今年も、どうにか無事終了。季節限定の旬の食材で作る手仕事は、私にとっては生活の原点。 身心共に元気でいる限りは 細々ながらも 続けていきたいもの。

by kurashinonakaniya | 2019-06-22 17:27 | 暮らし
2019年 06月 16日

 抹茶豆腐

    手亡豆の蜜煮入りの抹茶豆腐は 水饅頭の素を使って手軽に作っている。
   トロっとした葛の食感に 渋目の抹茶味を楽しむ冷製の和菓子。冷凍庫で固めて 半分溶けかかったところを食べるのがいい。ランチの後のデザートに。
  
f0186711_2253795.jpg

                  抹茶豆腐 


     5日前に蜜に浸けた小ぶりの煮梅。↓ N子さんからの器に丁度ぴったり。
     旬の時間を楽しみながらも、今年も 一連の漬けこみ作業に追われてます。 
       f0186711_22244120.jpg

by kurashinonakaniya | 2019-06-16 22:59 | 和菓子 夏