人気ブログランキング |

暮らしの中に優しい時間

iyasikukan.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2019年 03月 26日

春菊の白和え

 ジミーな和え物で恐縮ですが 春菊の白和えのご登場。

  
f0186711_1718897.jpg


  白和え作りに特筆すべきは アーモンドパウダーの存在。他に すりごま 甘酒 白甘味噌 柚餅子の粗みじん。和え衣の中には 実は目立たないけれど 結構いろんなものを入れてます。
  すりごまに甘酒を加えてすり鉢で混ぜると わたし的には練りごまの代替になると思ってます。そして コク出しにアーモンドパウダーを加える知恵は 故阿部なをさんのエッセイを読んでから。お菓子作りの素材をお料理にも使うという発想は、全くなかったので意外や意外! でも これが使ってみて納得。それ以来 APは、我が家の白和えに必ず入れてます。ちなみに 甘酒は 米麹から作ったもの。甘味噌 柚餅子も自家製のもの使用。春菊は 散歩コースの直売所で。 

  久々に 大堀川沿いの桜並木の道を散歩。都内の桜に比べて こちらの開花は まだまだ。千葉北西部は、やはり都心より寒い? どう見ても あと1週間は 充分かかりそう。あったかくなったかと思ったら 花冷えの日が続いてます。春先のお天気は どうも先が読めませんね。
 

by kurashinonakaniya | 2019-03-26 21:19 | 暮らし
2019年 03月 21日

ぼたもち作り

 春のお彼岸 お供え用を兼ねて ぼたもちを作る。
 昨日 小さな鍋で 小豆粒餡を炊いた。ぼたもちの表面になる餡が乾かないように、仕上げに水飴を少し加えている。
   
f0186711_22152863.jpg


もち米は 昨晩浸水。今朝 笊に上げて 強火の蒸気で蒸しあげる。蒸しあがったら手早くボウルに移して、熱湯と塩を加えてヘラで混ぜたら 濡れ布巾をかけて 皿をかぶせておくこと20分。そのあと 布巾ごと軽くもみこんで米粒をつぶして餅生地にする。      

    左は 餅生地25gを粒餡30gで包んだもの。
    右は 粒餡25gを餅生地30gで包み、きな粉をまぶしたもの。
      
f0186711_2230242.jpg

       餅と餡の割合は 今回は 先日放送の「きょうの料理」を参考にした。


  大相撲春場所 世界フィギュア いずれも勝敗の行方が 気にかかる。で、夕食準備も後片付けも、ただいま 気もそぞろ。      
      
   

by kurashinonakaniya | 2019-03-21 22:26 | 和菓子 春
2019年 03月 19日

練りきり 花ひとひら

  求肥つなぎの練りきり生地を 絹の布巾で ギュッとひと絞り。
  出てきたのは 初桜の花ビラ(のつもり)です。

  
f0186711_13512824.jpg

             練りきり 花ひとひら

  穏やかなお天気が 続いてます。 桜の蕾もだいぶ膨らみ始めて、開花が待たれる頃ですね。
 

by kurashinonakaniya | 2019-03-19 14:14 | 和菓子 春
2019年 03月 10日

桜粒餡を包んで

 白小豆入りの桜餡を 餅粉と上新粉をブレンドして焼いた皮で 包んでみました。
  桜の焼き印を押して 完成。
     
f0186711_166423.jpg

    桜餡には 桜葉の塩漬けの粗みじんを入れて。
   
      生地の配合 中餡の割合 もう少し考えてみたいところです。

    鶴屋吉信さんの「花のつばらつばら」という名の和菓子をご存知ですか。よくは分かりませんが、白小豆繋がりなのでしょうか。このところ パソをアップするたびに このお菓子の広告が出てくるので 気になってました。調べてみると「つばらつばら」は 万葉言葉で 「しみじみ 心ゆくまで」という意味だそうです。白小豆入りの桜餡をもちもち食感の皮で包んだ春の新作として紹介されてました。
 
  老舗のお菓子とは 全く似て?非なるものですが 模倣することも和菓子作りのヒントにつながるかと思い 稚拙ながら作ってみた次第です。和菓子を通して 少しずつ 春を感じています。
  

by kurashinonakaniya | 2019-03-10 16:51 | 和菓子 春
2019年 03月 06日

白小豆を炊く

 白い小豆を粒餡にしました。出来るだけ一粒一粒の形を崩さずに、鍋の中で踊らないように細心の注意を払って炊きました。↓    

  豆を茹で、さらして練りあげていく一連の地味な作業。極力 ヘラ数少なく 焦がさないように無心になって取り組んでいると 煩雑な日常を忘れてしまうのは、不思議です。
    
f0186711_15172495.jpg
 
   炊きあがった小豆を見て 数年前、金沢の西茶屋街で出会った「かわむら」の甘納豆を思いだしました。和菓子に使う粒餡というよりも そのまま甘納豆!という感じに炊きあがったので。なので、次は ひよこ豆やお多福豆での甘納豆作りも面白いかなと思いを膨らませている次第です。まあ 何事もチャレンジするのみです。
    ちなみに 炊く前の白小豆は こんなお豆です。↓
     
      
f0186711_15265089.jpg
                   北海道産白小豆 きたほたる
  

by kurashinonakaniya | 2019-03-06 16:01 | 暮らし