人気ブログランキング |

暮らしの中に優しい時間

iyasikukan.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2019年 02月 26日

寒つばき

 少しずつ春の陽射しを感じながらも 道明寺粉で作るのは 寒つばきの花。
 ファッション同様 和菓子の世界も 季節を先取りするのが常だというのに ダメですね。

  寒がりの私は まだまだ冬モードから抜け出せません。 笑って下さい。 
     
f0186711_1682523.jpg



   せっかく 手配していた白小豆が届いたというのに 何故か今だ手つかずの状態。
   
   まあ しばし 万事休すの状態で 慌てず焦らず。そんなこんなで 2月も瞬く間に、終わっていきます。   

by kurashinonakaniya | 2019-02-26 16:55 | 和菓子 冬
2019年 02月 20日

寒麹を作る

 寒麹は 秋田の伝統調味料だとか。塩麹は 月1の割合で作っているが この寒麹は 初めてのトライ。文字通り 寒さの盛りに作る調味料だ。使うのは 仕込みから 半年以上経ってから。時間が生み出す醸しの味。一応 記録してアップ。
塩麹は 塩と麹と水で作るが 寒麹は 水無し。その分 一度作っておくと保存性は高い。いわゆる三五八床の類。もち米で固めのおかゆを炊いてから麹を混ぜる手順は 甘酒作りと同じ。違うのは あまーい甘酒が翌日出来上がったら 塩を混入。全体を混ぜて 冷暗所に置いて熟成させる。
 仕込んで 2週間経過した寒麹。麹が溶け始め 色は うっすらアイボリーがかった感じに。↓
    
f0186711_1764120.jpg

        もち米 500㌘ 白米麹500㌘ 塩300㌘使用
      
f0186711_17111639.jpg


  手前味噌と同様に 熟成が 待ち遠しい。

More 7月最終日 寒麹使い始め

by kurashinonakaniya | 2019-02-20 05:15 | 発酵
2019年 02月 19日

豚もも肉で自家製ハム

 この間 「きょうの料理」で放送された上田淳子さんの豚のももハム。最新号の「暮らしの手帖」でも掲載されていたようなので 作られた方は 多いかも。このハム お勧めです♪

  塊り肉400㌘にフォークで穴あけ 砂糖大匙1をまぶしつけてから ポリ袋の塩水(水300㏄ 塩30g ローリエ1枚)に浸けて冷蔵庫に一晩おく。翌日室温に戻し 軽く洗って水気をふく。表面に植物油小匙1を全体になじませてから、170℃のオーブンで30分焼成。その後 ホイルで包んで蒸らすこと30分。粗熱とれたら冷蔵庫へ。
 
   
f0186711_15115192.jpg


  これが 実に美味しい。もちろん塩豚やチャーシューもいいけれど それとは 異なるしっとり柔らかな食感。あっさりと塩の加減もいい。こんなに簡単に 家庭でハムが出来るとは 思ってもみなかった。添加物無し 作っておくと 何かと重宝。サラダやラーメン 炒飯等の具材にも。

by kurashinonakaniya | 2019-02-19 15:57 | 暮らし
2019年 02月 12日

本の整理

 ここ数日 まるで氷の中に居るように寒い。ベランダには まだ少し雪が残っている。さむざむとした外の景色。日曜放送の趣味の園芸で 薔薇の剪定 カイガラムシ除去作業をやっていた。我が家もしなくちゃと思いながら 寒さを口実に外作業は 進まない。気持ちを切り替えて部屋の整理を。息子たちが残していった書籍やCD、DVD等を整理することに。初めて無料宅配買取サービスを頼んだら ダンボール 布テープが翌日送られてきた。 早速 梱包。約束の時間に回収に来てくれた。きれいさっぱり片付いた。まあ タダ同然のもの、いくらで買い取られるのか知らないけれど、積年の無用のものが消えてなくなり 気持は やけに スッキリ。
 本といえば 自分の本は ここ数年アマゾン経由で複数の業者から古本を購入している。図書館で借りて、手元に欲しいと思った本は新品ではなく 中古のものを入手。それで充分満足。どれも古いといった感じのものは全くなく綺麗な本が、ホントに安価で送られてくる。今や 書店で 新しい本を買う気には ほとんど ならない。街の本屋さんは、立ち読みする場所 私の中では そんな空間になりつつある。  
f0186711_17251277.jpg


by kurashinonakaniya | 2019-02-12 17:38 | 暮らし