人気ブログランキング |

暮らしの中に優しい時間

iyasikukan.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 29日

国際文化会館で漆芸家のお話

  昨日 旧友に誘われて 六本木の国際文化会館で 人間国宝の漆芸家 室瀬和美氏の講演会を聞きに。
    この日は 新渡戸国際塾公開講演の最終日。
         まずは 腹ごしらえの昼食を。
        入ったお店は 知る人ぞ知る「つるとんたん」。

       大きな器の熱いおうどんでお腹を満たし 会場へ。
      
         
       で、肝心の 室瀬さんのお話は 
          「伝統工芸が切り拓く新たな世界」       ソフトな口調でのお話のせいか ランチの後の満腹のせいか ところどころ 夢ごこちになりまして・・・。
        でも  まあ おおかた 聞いてたつもりですが。
         漆を引くには ネズミの筆 金粉振るには 鶴の羽根。

          日本の伝統工芸の繊細さと技術の高さ 熟練の技の数々を見聞きして。          
      おなじみ「アーツ&クラフツ商会」でも とり上げられてた蒔絵の世界。
       月曜日夜11時からBS朝日の番組。室瀬さんも出演されてたのを思い出した。
        
        昨日も 講演始まる前に この番組の一部が繰り返し流されていた。

        
                     講演と放送内容は かなり重複しているようで 記憶なき場所を埋める好材料。改めて 見直した次第→ ご覧ください

by kurashinonakaniya | 2015-11-29 21:06 | 暮らし
2015年 11月 26日

からし菜のふすべづけ

  からし菜は 野菜直売所で見かけたので 漬物に。
  といっても 何せ ふたりなので たった一把を ネジ式容器で塩漬けにする。
    色鮮やかなうちに 頂きましょう。         
f0186711_6533223.jpg
 
              からし菜のふすべづけ


    塩漬けする前に からし菜を熱湯に くぐらせる。
     ツンとした辛みが出て 緑がさえる。これを東北では「ふすべる」という。
      だから 「ふすべづけ」と呼ぶ。これは 昔の漬物本から得た知識
         まあ ↑は それもどき。
           いい感じに水が上がったら翌日から食べられる。        
              
         
         我が家の食卓に 漬物は どんな形であれ 欠かせない。
          決して 食事の主役にはなれないけれど 大事なひとしな。
             何は なくても漬物あれば・・・。

            移ろう季節を知らせる大事な存在 漬物は名脇役。 

by kurashinonakaniya | 2015-11-26 07:14 | 暮らし
2015年 11月 23日

甘酒と生姜のレーズンクッキー

  自家製甘酒と生姜のすりおろしを入れたレーズンクッキー。
   バターは入れずに カロリーオフの生クリームと菜種油で代替して。
     甘酒入れた分 お砂糖は 控えめに。
      久し振りに 全卵使って 焼いた。
        ほのかな生姜の香りが 楽しめる。
          素朴なホームメードって感じの焼きあがり。   
          
f0186711_1721896.jpg
 

          甘酒入ってると家人に伝えたら 微妙な反応。
           いわなきゃ  よかったな・・・。  

         
         玄関を飾ったシャコバサボテンも そろそろ終わり。
          で 選手交代  今度はAさんのシクラメンに置き換える。↓
            今年のは フリンジの花ビラで。
             しばらく この子がお出迎え。         
f0186711_17302926.jpg

     
     
       このブログも8年目 年を追うごとに時間の早さを感じてます。
       
         今日は暦の上では 小雪とか。急に冷え込んだ1日でした。
         風邪をひかないように しっかりと。

by kurashinonakaniya | 2015-11-23 17:44 | 焼き菓子
2015年 11月 18日

ガッコの即席甘酒漬け

  吉沢久子さんのエッセイを読んでると こんな風に歳を重ねられたらといつも思う。
     さすが人生の達人。学ぶこと多く 手元に付箋は欠かせない。

   甘酒好きの吉沢さん 秋田のナタ割りガッコをまねて即席の甘酒漬けを作られるという。 
     ならば 私もと それもどきを作ってみた。↓

         
f0186711_19382194.jpg

      べったら漬けを仕込むのは 今年はもう少し 寒くなってから。
         なので今の時期 即席の甘酒漬けは これは いいと思った次第。
           作って半日もすれば 食べられるお手軽即席ガッコ。
             さっぱりパリパリ 早速美味しく頂いた。

     吉沢久子さんの著書からの抜粋     
      甘酒をおひつ1杯作って、甘酒として飲むほかにも、味噌汁のかくし味に入れたり。秋田のガッコといわれる漬物をまねて、甘酒漬けを作ったりするのがたのしみ・・・。
  新鮮な大根に、斜めに包丁を打ちこんで一口くらいに欠きとり、ざっと塩をふり、塩がなじんだら出た水を捨て、甘酒をかける。ときどき上下をふりまぜて、半日おけば味がしみる。漬物といってもごはん向きではなくお茶うけにパリパリ食べられる。・・・       
  

by kurashinonakaniya | 2015-11-18 22:31 | 暮らし
2015年 11月 15日

柚子饅頭

  
  柚子ジャムを作ってあったので 皮にジャムを練りこんで蒸しあげたお饅頭。↓
   今が旬の柚子の香りが 楽しめます。
     生地にザラメ糖を入れているので 蒸している間に溶けだして
       ボツボツ感が柚子皮のような感じになるからくりです。
           粉は 薄力粉にベーキングパウダーを加えたもの使用。
               
f0186711_16545926.jpg
                         柚子饅頭     
    中餡は 北海道産小豆で作った軟らかめの粒餡。
    小さな生地に たっぷりの粒餡を包む薄皮仕立てです。
     
        
f0186711_172222.jpg
 
          本当は あと5グラム餡を多くしたいところだけれど。力量不足・・。
          14グラムの生地に25グラムの餡を包餡。   

      
       
         
            
f0186711_177273.jpg

           たっぷり霧吹きして 強火の蒸し器で10分強蒸して完成です。
 

by kurashinonakaniya | 2015-11-15 17:46 | 和菓子 冬
2015年 11月 15日

ひとくちメンチ

 ひとくちサイズのメンチカツは いつの間にか定番に。
  使うお肉は 100gで 2人分10個のメンチを私は作ってる。
   もともとのレシピは あの 栗原はるみさん
   かなり ゆるめの生地に衣をつけて揚げる。
     エッ こんなんでまとまるの?と思うほどの軟らかさ。
     でも  揚げると外はカリッと中はジューシー。
       揚げたてを ほうばると 実に美味しい。
     材料は 粗く切った玉ねぎと少量のひき肉。
     玉ねぎを微塵切りではなくて アラ切りにする それが ポイント。
      我が家は 卵は 卵白のみを使用。調味は 日本酒と塩麹に代替して。
     
f0186711_629244.jpg


    ↑の写真 慌てて昨晩撮ったもの。設定を間違えたのか イラスト風?。
     今朝見て まんがチックな写真に びっくりポン・・・。
      まあ こんな感じということで ご了解を。
        かなりリーズナブルで 夕食のひとしなが出来上がるので ご紹介した次第。
        
f0186711_6343939.jpg


             夜撮るお料理写真は 難しい・・・。
       
    
    

by kurashinonakaniya | 2015-11-15 06:49 | 暮らし
2015年 11月 09日

食べきりサイズのパウンド

    食べきりサイズの小さなケーキ。
    ランチの後のデザートは スモールサイズでちょうどいい。
             塩を効かせたキャラメルケーキ。↓
         
f0186711_16215659.jpg

      
             
        生地の中に キャラメルソース入ってます。
          焼きあがったら アルミに包んで 明日用。
                               
        牛乳パックで仕切りを作って スリムなサイズは私流の苦肉の策。↓           
f0186711_16242496.jpg

          
                           
      図書館で借りた荻田尚子さんの本「食べきりサイズの大人のお菓子」からのレシピで。
       明日 返却日。どうにかギリギリセーフで 間に合った。  
         
        

by kurashinonakaniya | 2015-11-09 17:12 | 焼き菓子
2015年 11月 08日

気軽にパン作り

   相も変わらず 我が家のパンは こねないで。
  
   朝食用に 昨晩フィギュアスケート見てから焼くつもりだったのだけれど。
     夕食の片づけ終えたら 何だか グロッキー たまらない睡魔におそわれた。       
       で、生地を冷蔵庫に入れて 今朝 焼いた。
           なので ↓のは 焼きたてほかほかパン。
           
        
f0186711_14211223.jpg
 
          通常は 焼いたのをスライスして 袋に入れて冷凍保存。
            食べるときに自然解凍してからトーストしている。
           
             
     熱々焼きたてを味わう。
      面倒なパン作りが ホントに身近になった。  
        こねないパンは ありがたし。   
f0186711_774384.jpg

         

by kurashinonakaniya | 2015-11-08 15:08 | 暮らし
2015年 11月 01日

亥の子餅

 旧暦10月の亥の日の風習は ご存じですか。
  その日に食べる亥の子餅は 無病息災を祝う習わしとか。
   中国から平安時代に日本に伝わったという行事。
    古くは 摂津国能勢郡から亥の日に宮中に餅を献上したことから 能勢餅ともいう。
      ということで 亥の子餅もどきを お茶受けに作った↓
         
f0186711_17125522.jpg
 
               行事菓子  亥の子餅(能勢餅)

       調べると色々な亥の子餅が あるようだ。
        急な義姉の訪問に 話のネタのひとつになるかと思い 慌てて作った次第。
        ↑のは柔らかい餅で 小豆漉し餡をくるんで黒豆きな粉をまぶした素朴なお菓子。
         
      
          餅皮に小豆をつき込んだもの ゴマを混ぜたもの 刻んだ干し柿を入れたもの
           お菓子やさんによって様々な形態があるという。
           
         ハロウィンもいいけど こんな風習もあること 心に留めておきたい。

by kurashinonakaniya | 2015-11-01 18:44 | 和菓子 秋