人気ブログランキング |

暮らしの中に優しい時間

iyasikukan.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 30日

シナモンロール

  きわめて シンプルなシナモンロール。
  白パン生地に シナモン ココア キビ砂糖を混ぜたものを巻き込んで焼いたもの。

     
f0186711_16442026.jpg



     これを 薄く切って冷凍保存。
      いつでも 食べたいときに。
       トーストして コーヒーと共に。            
f0186711_16531827.jpg

        

       レシピのもとは 宮川敏子さん。
f0186711_16464563.jpg


     
f0186711_1647362.jpg

         いつまでも 大事にしたい本だな。
         

         

by kurashinonakaniya | 2014-03-30 16:59 | 発酵
2014年 03月 27日

和食を考える

  
f0186711_16445220.jpg

    昨日受講した キッコーマン食文化講座。
     本社正面の白木蓮が 今満開。



    今回は 昨年秋 丸ビルで開催された日本を代表する若き日本料理人4人の
   パネルディスカッションの記録上映。
    和食って そんなに難しいものじゃないよ という感じの4人のトーク。
    和食を楽しむコツ 出汁や季節による味噌の使いわけ方など
    和食の魅力をそれぞれ語ってた。

     高橋拓児氏 京都「木乃婦」3代目 
     中東久人氏 京都「美山荘」4代目 
     高橋義弘氏 京都「瓢亭」15代目 
     柳原尚之氏 近茶流嗣家 柳原料理教室副主宰     
   

    後半は センター長のお話。
    ユネスコ無形文化遺産に登録された和食について
      登録までの経緯とその意味合い。

      和食の4つの要素
       ①多様で新鮮な食材を使用。
       ②栄養バランスに優れた健康的な料理法。
       ③自然の美しさ 季節の移ろいを表現。
       ④年中行事との密接なかかわり。

      登録するにあたっては 一部の人のものではなく
        日本の食文化全体にスポットをあてたこと。
      無形ということで 特定の食事ではなく 食に関する慣習 あくまでも
     社会的慣習という意味合い。
       例えば 「おせち」ではなく お正月に おせち料理を食べる文化。
        「会席料理」では なく 人をもてなすときに会席料理を出す文化。
        「赤飯」ではなく めでたい時に赤飯で祝う文化。
        「ご飯」「味噌汁」はなく 一汁三菜の組合せを基本にする文化。
    
    こういった食文化が、今回 無形文化遺産に登録されたということ。


      季節の移ろいを感じ 食を楽しむ。
       そんな小さな積み重ねを忘れず 日々の生活を大事にしたいと思う。
    
       桜の便りも 聞こえ始めて 週末あたりは花見時。
         桜の下でのお弁当。飲めや 歌えや 賑やかに。
           櫻花を愛でるその慣習 まさにこれぞ無形文化遺産。       

          
f0186711_174349.jpg


    
 

by kurashinonakaniya | 2014-03-27 17:57 | 勉強会
2014年 03月 25日

糠床の目覚める頃

    朝の連ドラごちそうさん もうじき 終わり。
     食べることは 生きること。
      「ご飯を食べれば 元気になる」。
        め以子の食へのいちずな思いが みんなをひとつに。     
        そして 欠かせないのは 糠床の存在。
          め以子を 見守る優しい語り。
            こんな 糠床 私も欲しい。

       寒い間 我が家は  糠味噌は いつも床下で 冬眠させる。
        これは 私の流儀。
         そして 春を感じると 糠床を目覚めさせる。
          今年も、  そんな頃。
  
        表面を塩で覆って休眠させていた糠床。
         蕪の葉っぱや野菜くずを入れて 床の固さを元の状態に。
          少し手入れをして 復帰させるには 日にち薬が必要。
                     
            目覚めさせてから 1週間。
             今朝 この春一番の野菜を漬けこんだ。↓
              
       
f0186711_15232654.jpg

        
       
        夜  漬けあがった ぬか漬け↓
            
f0186711_19484080.jpg
 
       いい塩梅に 漬かりました。
        
      

by kurashinonakaniya | 2014-03-25 16:02 | 暮らし
2014年 03月 22日

白い桜餅

     関西風の桜餅は 先日放送のきょうの料理のレシピで。
      講師は  一品入魂のおはぎと同じ あの京都 老松当主 太田達氏。
  
    
        で いつもよりも はるかに時間をかけて 道明寺を作った次第。
       
        レシピに忠実に 小豆漉し餡は ざらめで炊いてみた。

         
f0186711_17231847.jpg
 
                  蒸し菓子 白い桜餅       
          
           小豆150gを2時間かけて 軟らかくし 生餡作り。
            使う砂糖は 白ざらめ75g。
             かなり あまみ控えめの餡に仕上がった。

           
f0186711_17324746.jpg
                   ↑生餡とザラメ糖
           
          
f0186711_17335766.jpg

                    出来上がりの餡

         このうち 道明寺10個分270g使用。


                
f0186711_1738541.jpg

    ↑の画面は  道明寺の食べ方を説明している太田氏。
       葉っぱを外して 黒文字で 半分に切って 二口で ぱくりと。
        2枚の桜葉は 食べずに 餅に接した部分の葉っぱの面を合わせる。
          懐紙に 挟んで ふところに。
           汚れた部分は 見せない粋な所作 これぞ京都人。
 
                   なるほどね。

          
f0186711_19101635.jpg


by kurashinonakaniya | 2014-03-22 18:00 | 和菓子 春
2014年 03月 19日

ふきのとう味噌

     短い期間しか出回らない春の味覚 ふきのとう。
      運よく 1パック野菜直売所で見つけた。
        
f0186711_1761113.jpg

       友人から ふきのとう味噌のレシピを頼まれてた。
         これ幸いと 早速トライ。


       自家製味噌と合わせて 小さな土鍋で練り上げた。↓

    
f0186711_1764693.jpg
          
      ふきのとうの若緑色には、白味噌が いいと思うけど お好みで。
       一応 ↑の練り味噌は こんな手順で 作ったので参考に。↓ 

     ※材料
     ふきのとう15個 白甘味噌100g みりん大匙2 酒大匙2 サラダ油大匙1 

     ①ふきのとうは 洗って がくをとって たっぷりの熱湯で2分茹でる。
     ②茹で上がったら 冷水に30分程度さらしアク抜き、途中で1回水を変える。
     ③ふきのとうの水気をしっかり絞って 細かく刻む。
     ④フライパンに油を熱し ③を1分程度炒める。
     ⑤小さな土鍋に味噌 みりん 酒を合わせて 火にかける。
      煮立ってきたら ④を加えて火は 弱火に。
      焦がさないように 竹べらで全体がぽってりする程度まで練る。
     ⑥熱いうちに 平らな皿に 移し替えて 冷ます。
     ⑦完全に冷めたら 保存瓶に入れて 冷蔵庫へ。 

f0186711_16304839.jpg

      
        ふきのとうのアクが気になる場合は 水さらしの時間を長くして。
         使うお味噌によって甘味の調整も。
          


      揚げだし豆腐や 焼きナス 野菜スティックに添えたり。
       短い旬の味 これも 手作りならではの 小さな楽しみ。 
        
   
f0186711_17175222.jpg

       
       

by kurashinonakaniya | 2014-03-19 17:20 | 暮らし
2014年 03月 17日

けんちょう

    突然ですが けんちょう って ご存じですか?
     これが  「けんちょう」。↓
             
f0186711_1791684.jpg


   山口の郷土料理のひとつ 「けんちょう」
     名前の由来は わからないけど けんちん汁に通じる感じ。
    山口の友人から 郷土料理の冊子を頂いてから 度々 我が家の食卓に。
       素朴な味に ご飯が よく合う。
        あっとういう間にできる。
        熱々もいいけど 味のしみた翌日のお昼もいい。
  
     野菜たっぷり ヘルシーメニュー。
      そぼろのように見えるのは お豆腐。

     同じ山口県内でも 場所ごとに 使う材料も作る手順も少しずつ違うよう。
       冊子の中には 地域別に4種類のけんちょうが 載っている。
        鶏肉入りのものや 油揚げや 里芋 薩摩芋を入れたり色々。
         必ず 入れるのは 大根 人参 そして お豆腐。

       ↑のけんちょうは 山口市秋穂地区に伝わるレシピを参照して。
         作る手順は こんな感じ↓

      
      
f0186711_17335213.jpg
  
       ※付け足し
   034.gif 大根 人参加えて炒めて しんなりしたら シイタケ 昆布 蒟蒻 
        シイタケ・昆布の戻し汁半カップ 調味料を入れて煮込む。                

by kurashinonakaniya | 2014-03-17 18:05 | 暮らし
2014年 03月 15日

ブログに学ぶ

  新聞の新刊広告で知った美海さんのブログ。
   美海さんこと 繁野美和さんは 昭和2年5月うまれ 御年86歳。
    82歳でブログを始められて4年。
    メカに弱いと仰るが それは全くのご謙遜。
      パソコン歴は 長く その腕前は かなりのもの。
      そして 美術の造形深く 素晴らしい作品の数々が 掲載。
       アトリエ通いで 新たな作品作りに 常に夢中。
        若々しい感性は 全くそのお歳を意識させない。
        出来うることは ご自分でなさる日々のご生活。
          距離感を保って 温かくサポートされるご家族の在り方もいい。
           素敵な歳の重ね方が うらやましい。
            こんなふうに 在りたいと思う。
      
           私の母とは 一つ違い。
           今 母が存命なら どんなだったろうと考える。

            私の知らない母の娘時代の昭和を 
             美海さんのブログから学んでいる。
           

           ブログのタイトルは 「気がつけば82歳」↓
            さり気ないタイトルが 美海さんらしくてかっこいい。         
f0186711_6505820.jpg
  
        
         

by kurashinonakaniya | 2014-03-15 07:01 | 暮らし
2014年 03月 12日

金柑の蜜煮

     スーパーの前で売ってた 小ぶりの金柑。     
      なんだか時期外れの気もしたけれど
       とってもリーズナブル(1パック100円也)だった。
       で、 ザラメで炊いて蜜煮に。
       お茶受けにも お酒のアテにも 喉痛にも いい感じ。
f0186711_22432367.jpg

         
         放射状に切れ目を入れて さっと湯がいて 種は 取り出す。
          
         

by kurashinonakaniya | 2014-03-12 19:05 | 暮らし
2014年 03月 09日

誰もが 消費者

  去年暮れから始まった
     消費生活基礎講座。
     きのう 迎えた 10回目。
      雪にも負けず 頑張って 
        まずは 修了
         万々歳。 
          
     
     
f0186711_15442398.jpg
  
     
            毎回 頂く資料とレジュメ。
              全部まとめて50時間。
               中身充実 知識の宝庫。
                リュック背負って 通い貫き
                 家では レジュメの読み返し。
                    習熟度テストで 弱点チェック。
                     日々の新聞 生教材。
                      情報収集 アンテナはって。
                     電話の勧誘 きっぱり拒絶。
                      オレオレ電話も 冷静に。
                       保険約款 熟読して。
                        欠陥商品 公に。
                         困ったときは センターに。↓

                     少しは まともな消費者に。 
                      なりつつあるよな気がします。  

             
f0186711_65541.jpg
                                      
             
              ※ 消費者ホットライン (0570)064-370
                  
                         
                
       

by kurashinonakaniya | 2014-03-09 16:10 | 暮らし
2014年 03月 03日

小桃

  三月三日のひな祭り。
   お雛様を意識して
     今年も作って飾る小桃たち。
       求肥つなぎの練りきりです。       
             
       
f0186711_13534588.jpg

             練りきり製   こもも
 
                       

          
    

by kurashinonakaniya | 2014-03-03 14:03 | 和菓子 春