人気ブログランキング |

暮らしの中に優しい時間

iyasikukan.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 29日

ひちぎり&押し菓子

   やっぱり この時期になると
      おひなさまのお菓子 食べるというより
         飾りたくなってしまいます。

       
f0186711_16191358.jpg

                           ひちぎり&押し菓子

       男雛には 小豆粒餡を 女雛には 手亡白餡が草餅状の本体に 隠れています。
       ヨモギは 青森産の乾燥ヨモギを使用。
       それぞれに色づけしたきんとんは 薯蕷きんとん。
       お雛様の載っている台は 寒梅粉 上南粉 手亡白餡 上白糖を混ぜ合わせて
       押し固めたもの。                   ↓
                 
f0186711_16361941.jpg

       

     ↑の緑色は 山形産 「うこぎ」という植物を粉末にしたものを使って色づけしました。↓
                             
f0186711_16404167.jpg


         
 

by kurashinonakaniya | 2012-02-29 16:54 | 和菓子 春
2012年 02月 29日

薯蕷饅頭 雪の花

    2月閏日 雪の日。

      060.gif 「雪の華」 「春の雪」
          どちらの曲も いいな と思いながら・・・

       蒸しあがった お饅頭には 雪の焼印押して↓

        
f0186711_15455043.jpg
 
                       薯蕷饅頭  雪の花                         
 
         
          すりおろした大和芋をつなぎにしたお饅頭。
           中餡は やわらかめの小豆漉し餡
           生地の一部を水で伸ばして水色に着色 筆ぼかしで。
        

 

by kurashinonakaniya | 2012-02-29 15:53 | 和菓子 冬
2012年 02月 25日

薔薇の海苔巻

   今日は 雨の土曜日。

    こんな日は 在り合わせの材料で出来る簡単海苔巻。 
        
             切れば パッと花咲く 薔薇の花。
              こんな図柄の考案者に感謝を表して ご登場。↓    
f0186711_9482669.jpg

 
       うす焼き卵に 紅生姜 緑の葉っぱは 野沢菜で 
            炒った白ごま アクセント。
        いつもは 省く生たらこ 今日は、残りが あったので。

 
        飾り巻き寿司って いろんな図柄が あるけれど
          結局 簡単手軽 無理をしないが 一番いい。
        
          いつの間にやら
             我が家の定番海苔巻に。

       
f0186711_1064982.jpg

         

by kurashinonakaniya | 2012-02-25 10:17 | 暮らし
2012年 02月 24日

白い蜂蜜

                 
       ハワイのお土産 白い蜂蜜は 次男から。↓

      
f0186711_14242436.jpg
  
                 

      ハワイに生息するキアヴェという植物から採取した天然物。
        100パーセントオーガニックの貴重な純白色の蜂蜜なのだとか。  

          酵素いっぱい
           無農薬 無低温殺菌 
           抗菌作用で アンチエイジングも期待できる?001.gif

       
           クセのないスッキリとした味わいの蜂蜜です。
            熱を加えないで 少しずつ 味わってます。

         
f0186711_14444476.jpg

            イースト発酵させたパンケーキに つけて↑

       ラムボールの生地にも 白い蜂蜜 しのばせて↓
        
f0186711_1448422.jpg
  
           あまったカステラ生地と板チョコをフープロにかけて細かくしてから
           蜂蜜 ラムレーズンのあらみじん 生クリーム ラム酒を加えて。
             軽く握って丸めたら ココアをまぶして。           
f0186711_1452248.jpg
 
        
       アルミ箔に包んで 保管は 冷蔵庫で。
         時間と共に 味は 深みを増して。
         
f0186711_14532610.jpg
 

          なかなか いい感じになってきました。 
        
f0186711_1454149.jpg
  

          風もない 久々のいいお天気。
            外の活動に もってこいの日和です。
              元気に 過ごしましょう。 

by kurashinonakaniya | 2012-02-24 15:08 | 暮らし
2012年 02月 10日

続 かぶら寿し  追記あり

   去年暮れにも ブログに載せたかぶら寿し。
    年明けたら 作ろうと思っていたものの 日遅れに。

            二度目の挑戦。
               出来上がったのは ↓
  
f0186711_9375676.jpg

f0186711_9404396.jpg
      
                           かぶら寿し  
        
 
       前回の反省点を考慮して 漬け床は かなり固めにして。
       あのべったら床の固さを参考にした。
        とにかく 作るタイミング 食べるタイミングが 難しい漬けもの。
          暮れに作ったものより だいぶ 味覚的には グレードアップ。
            でも まだ まだかな・・・。

            さらに 改良めざして 今季 出来れば もう一度チャレンジしたいけれど・・・。
               どうなることやら・・・・。
                 

   
    072.gifメモ
         ブリを塩釜状態にして 10日。
     同時に カブも 下漬けにすること1週間あまり。
      大き目のカブが手に入らなかったので 小さめの聖護院ダイコンを使った。

      そして タイミングを見計らって 自家製米麹作り。
       麹が 出来たら 漬け床用の甘酒作り。
       つけている間に 漬け床は 水分が出て かなりゆるくなるので 
        とにかく固めの床を心がけた。
        今回は 漬ける量は 暮れの3分の1ほどで。
        時々刻々 かぶら寿司の味は 変化する。
        酸味を帯びないうちに 食べきる量で ということで 少量の仕込み↓
f0186711_9484516.jpg


          塩漬けした聖護院ダイコンを水洗いしてから 陰干し2時間程度。
          切り込みの間に塩漬けのブリ そぎ切りにしたのをはさんで。↑


             

       

     
f0186711_9393826.jpg

               漬けて 6日目 今 まさに 食べごろ。↑    
   
          034.gif追記

         本漬けから 12日目 味は さらに 熟成して 今季最高の味わい。↓
        
f0186711_9455990.jpg

              待つことは やっぱり 大事を実感。           
    

by kurashinonakaniya | 2012-02-10 17:42 | 発酵
2012年 02月 07日

チョコ饅頭

                 バレンタインも近いので 
                   チョコを使ったお饅頭↓
     
     
f0186711_1640131.jpg

                         チョコレート饅頭
    

         皮には、溶かしたブラックチョコとココアが入ってる。
         中餡は手亡豆の白餡に 
        ネーブルオレンジのピールと炒ったカカオ豆の粗挽きを混ぜて。
        180℃のオーブンで 10分焼成。
       
f0186711_16572042.jpg
    

         ほろ苦い大人好みのチョコ饅。

         ピールやナッツ ドライフルーツは 意外にも 餡と良く合う。
        

         桃山生地に 無花果と胡桃を入れこんで焼成する変わり桃山。
           焼きあがりラム酒を塗って。これも いい。↓
           
f0186711_16543437.jpg

                          無花果と胡桃の桃山  

           俵のころんとした形が かわいい。

        

by kurashinonakaniya | 2012-02-07 17:00 | 和菓子 冬
2012年 02月 02日

ナチュラルな焼き菓子たち

  暮れに 友人からのメールで知った 宮本しばにさんの焼き菓子。
     身体に優しいナチュラルなお菓子のレシピ集。

   ずっと 気になっていながら 本屋さんで実際 手にしたのは 数日前。
     
f0186711_16412434.jpg

               「ナチュラルにくらしたい 焼き菓子レシピノート」   宮本しばに著


     卵不使用 バターも極力抑えたレシピの数々。
     なのに とっても 美味しそう。
     レシピの秘密を知りたくて とりあえず今朝 作ってみたのは ↓の3種。
     
      
f0186711_1647359.jpg

        左手前から   ルシアンクッキー 、アーモンドチョコレートクッキー
                     アーモンドビスコッティ 


         ルシアンクッキーは いわゆるスノーボールのこと。
       口に入れるとホロッと崩れる軽い食感。
       使うバターは ほんの20g。これは ホントに驚きです。
       @を 小さめ10gに丸めて 25個のルシアン出来ました。        


       アーモンドチョコレートクッキーは 油分は サラダ油。
       生地には ローストしたアーモンドをすり鉢で砕いたものが 入ってます。
       レシピにあったバニラエッセンスは あえて入れませんでした。

       アーモンドビスコッティは、二度焼きする パリッとした食感の焼き菓子。
       なかしましほさんのビスコッティも勿論 美味しいけれど・・・。
       たまごを使わないで この口溶けは 魅力的。
       レシピでは アーモンドをローストした後 粗粉にしてと記してありましたが
        空焼きしたスライスアーモンドをそのまま生地に入れてみました。


        どれも おいしく 焼きあがりました。
        本当に ヘルシーなのに 物足りなさなど全くありません。
        ラウンドやバターケーキ パイやタルトも 折々 焼いてみようと思います。

            いい本 教えて頂き どうも ありがとう。040.gif


           
f0186711_215531.jpg
           

by kurashinonakaniya | 2012-02-02 18:03 | 焼き菓子
2012年 02月 01日

べったら漬け

       10日前に漬けた べったら漬け。
               今 まさに 食べごろ。↓
f0186711_211935.jpg


  この間 何気なくつけた「きょうの料理」。
   折よく べったら漬けをやっていた。
    講師は 河合真理さん。
    河合さんのべったら床は  最初かなり固めの床。
      米1カップ半を 水2カップ強で炊き さましてから 
      米麹200gを加えて ゆっくり保温。
      出来上がるのは ドロドロではない しっかりした濃度の甘酒。

      大根は 1本を皮剥いて8等分。
      3パーセントの塩水に重しをかけて2日間下漬けしてから 
                         洗って陰干し 1~2時間干したものを使う。↓
          殺菌のために焼酎を通して。 

f0186711_9522781.jpg
     
   
       漬けこみ容器に床を入れ下処理した大根を漬ける。鷹の爪数本も入れて。
       保存は冷蔵庫で。1週間後から食す。出てきた水は 適宜とる。
f0186711_953134.jpg


       今回 漬けて1週間では 少し早いかなという感じ。
       漬け込んで10日過ぎた今 底抜けに美味しい。
                 

by kurashinonakaniya | 2012-02-01 21:46 | 発酵