人気ブログランキング |

暮らしの中に優しい時間

iyasikukan.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 31日

村上の鮭

 
 
  雨の影響を受けながらも
  週末行ってきた新潟 村上。
  
   旅の目的は いくつかあったが     
   まずは、村上と言えば 鮭。
    店先にも 民家の軒先にも ぶら下がってる鮭の雄姿。
f0186711_23415899.jpg

   
f0186711_2241465.jpg

  
   とりわけ JRのポスターで 全国区で 有名になったのは、このお店。↓     
    
f0186711_22311171.jpg


   あの吉永小百合さんのポスターは ここで撮られたとのこと。

   お店の奥に案内されて びっくり↓   
f0186711_2233545.jpg


   なんと 1000匹の鮭が お出迎え。
   一番多い時は 1200匹になるとか。
   そのすべてが オス。
    風格ある店主の話を聞く。
     秋に獲れた鮭は塩引きにして 一年かけて自然乾燥させる。
      夏を超え時間をかけて 村上の風土のもとで 味は 熟成度を増していく。
            
f0186711_22365215.jpg
 

    
f0186711_23105685.jpg


      まさに  自然発酵が、生み出す熟成の技だと思った。

    
f0186711_6471147.jpg



f0186711_857468.jpg


  村上市内を1日半歩きまわる。
    点在する茅葺ぶき屋根の武家屋敷を見学。
    堆朱工芸の手仕事は見事。らいもん柄の塗り箸を購入。 
    お目当ての九重園で お煎茶を数種類。
     この後 山形赴任中の長男と合流。
       笹川流れを眺めながら 車で 米沢へ。    
  
      

by kurashinonakaniya | 2011-07-31 23:12 | 発酵
2011年 07月 25日

叔母と朝顔

   
    納戸の古いアルバムを整理してたら
      間から出てきたのが、 夫の叔母の句作集。
     そういえば この句集を手渡されたのは もう15、6年前のこと。
      しまいこんでたのも すっかり忘れてた。
       懐かしく手にとったのは、ちょうど半月ほど前。
      
f0186711_14341123.jpg
       
   その叔母が 亡くなったとの知らせ。
   思わぬところから叔母の本を見つけたのは 虫の知らせだったのか・・・。  
     
    叔母の趣味は 俳句を作ること。 
    横浜の自宅の2階から いつも流れる雲を見ながら 句作に励んだという。

     句集名は「浮雲」。
     何とも大層なタイトルのように思えたが、
     叔母本人は 雲見て 作ってるからだと 屈託なく話してたことを思い出した。


      年を重ねても 童女のような人だった。
      句集から 叔母の詠んだ句をいくつか↓
     
        庭少し いじりてあとは 大昼寝
       
        新豆腐 おろし生姜で 夫きげん

        梅雨明の 大青空の 雲早し

        大花火 火音と光が 乱舞して
   
        草も木も そよりともせぬ 大暑かな

        台風の 雲しんしんと 流れいる
        
        洗ひ置く 笊の水菜は いきいきと

        朝顔は 青一色に からみ咲く

  
      今日  お別れの会。
      元気だった日の叔母を偲んで 今朝作った 青い朝顔↓
      
f0186711_1591298.jpg
 
               練りきり あさがお   
 
  

       仲良しだった叔父の待ってる天国で どうぞ やすらかに。
       雲を間近かに 眺めながら 一層の句作に励まれることを祈って。
             
       
  

by kurashinonakaniya | 2011-07-25 15:22 | 暮らし
2011年 07月 24日

コンフィズリー

   ここ数日 過ごしやすいのは ありがたい。

   昨日 久々の製菓学校での洋菓子の勉強会 
      テーマは、コンフィズリー。
    コンフィズリーとは、フランス語で糖化類
       砂糖主体の保存性の高いお菓子の総称。
     いずれも 砂糖の煮詰め温度が キーポイント。

    この勉強会は 昨年に引き続き人気の講座。
    キャンセル待ちで ようやく 受講できた次第。
     
    で、 教えて頂いたのは、↓ 

    
f0186711_1631377.jpg
 

    
f0186711_1681192.jpg
  
        左から      抹茶のマカロン  ギモーブ  ヌガー  

      マカロンにはさんだのは、抹茶クリームに大納言。
      ギモーブとは マシュマロのこと。今回はカシスピュレを使って甘酸っぱい味。
      アーモンドとビスタチオたっぷりのヌガーは、シート状のウエハースでサンドしたもの。
     
     
    
f0186711_1611236.jpg

          左から  パート ドウ フリュイ  キャラメル オ ブールサレ  ジャム2種

     パート ドウ フリュイは フルーツのジェリー。ライチといちごのピュレを入れた2種。
     キャラメルは 塩入りの生キャラメル。
     ジャムは フランボワーズとアプリコットの2種。


     温度計をチェックしながら
      どれも 煮詰め作業が 大事な要素。

     ジャムは 熱いうちに 瓶詰。しっかり蓋を閉めたら さかさまに。
     
f0186711_16475992.jpg


     マカロンは 3センチに絞り出したら しばらく 放置。
     表面が 乾燥してから 140度のオーブンで20分焼成。↓
     
f0186711_1644251.jpg



      すべて 出来上がったら 籠盛りに。
     
f0186711_1652498.jpg
  

     籠に 入れると 確かに可愛い。
     ひとつひとつ結構手間は かかっているし それぞれ美味。
     ただ これだけだと あまりにも甘すぎる・・。
     まあ 今回は コンフィズリーの勉強会なのだから その辺は 納得済み・・・。
      
  

      材料を煮詰めていく地道な作業は 和菓子作りにも通じる。

      そして コンフィズリーは ホントに贅沢なお菓子。
      材料を吟味して作り出す手作りの味を これからも 大事にしていこう。

by kurashinonakaniya | 2011-07-24 17:08 | 勉強会