人気ブログランキング |

暮らしの中に優しい時間

iyasikukan.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 30日

黒豆 きんとん あんず

 辛党にも 欠かせないおせちの3種。
  黒豆 くりきんとん あんずの蜜煮のアップです。

  
f0186711_1057351.jpg


 黒豆は、おととい 調味液にひと晩漬けてから 昨日の朝から 煮始めて8時間。
 上の写真は、ひと晩 寝かせたもの。一応写真用に 器に入れましたが、これから お正月まで お鍋に入れたままの状態で保存。毎日 調味液が温まる程度に火入れをします。釘袋もいれたままで。日を追うごとに 味が浸透していきます。そして 色もさらに黒く艶よく。
    
f0186711_1111314.jpg

  土井勝さんの考案された方法で毎年作ってますが お砂糖は、白ざらめを使って、お醤油の量は、最近は土井さんよりも かなり控えめ。

 
f0186711_113614.jpg

  きんとんは、栗をいれたら 火入れは、1分程度で、仕上げます。


  あんずの蜜煮も 白ざらめを使ってます。
  黒豆もあんずも 前にブログでレシピは 載せてありますので、省略。

  目下 厨房は 戦場のごとき。

   どうぞ 良いお年を。

by kurashinonakaniya | 2010-12-30 11:09 | 暮らし
2010年 12月 28日

今年も あと少し

 今年も あとわずか。
 ようやく 年末のお掃除終了。
  例年より  遅れ気味なのは、スケートに夢中になってたからか。

  きのう 知らない間に 友人から メールあり。
  「もう 若くはないのだから 何事も休み休みやるように。
  くれぐれも 頑張りすぎないように」とのメール。

  ご忠告 有難く受け止めながらも・・・。

  もう やり出したら 止まらない、。
   なんでもかんでも 自分流儀で やらなきゃ気持は おさまらず。
   損な性分と十分わかっちゃいるけど。
     これは、一生なおらないだろうな。


   夫は、今日で仕事おさめ。
    息子たちも それぞれ 戻ってくる。
     ひさしぶりに揃う家族。
      今年一年 元気で過ごせたことに感謝しよう。
       元気が 何よりの宝。

   これから おせちの準備。
   まずは、黒豆から。
   
f0186711_17321213.jpg

        丹波黒豆 釘 釘袋 みんな真っ黒 


   私にとって 正月料理に欠かせない本は、↓
  
f0186711_1739389.jpg

   30数年前 母の友人に頂いた本。
   
   普段 時間をかけずに作るものも 
     この本にしたがって 年に一度は、 手間暇かけて。
     
     もう そろそろ おせち作り卒業してもと 思うこともあるけれど。
       体力と気力があるかぎりは  続きそう。     

by kurashinonakaniya | 2010-12-28 17:50 | 暮らし
2010年 12月 22日

百合根のクリスマスリース

 ユリ根のリンペンを生地に使って 作ってみたクリスマスのリース。↓

   
f0186711_15342941.jpg

             百合根のクリスマスリース


   ユリ根のリンペンを蒸してから、裏ごしたものに 
     上白糖を加えて練ったものが リースの生地。

     うすくのばした生地をドーナツ型で くりぬいてから
      ユリ根のそぼろをふんわり載せて、
       炒った松の実と 大納言 クランベリーを飾って。
        柊の葉は、抹茶で生地の一部を染めました。


     

f0186711_16254558.jpg
 
   うちの息子たちは、かなり大きくなるまで サンタが来るのを待ってましたっけ。
   そんな時代もあった あのころが なつかしいな・・・。


f0186711_18101593.jpg

        今年もシュトーレン焼きました。
f0186711_2231756.jpg
             うすーく 切って 召し上がれ。

by kurashinonakaniya | 2010-12-22 16:34 | 和菓子 冬
2010年 12月 18日

ドイツパンとシュトーレン

  久々に訪れた製菓学校。
  入り口のディスプレーは、いつものことながら やはり見事。
     可愛いクリスマスの雰囲気でいっぱいだった。

    
f0186711_22254197.jpg

    
f0186711_2226898.jpg
 
    
f0186711_22262630.jpg

    
f0186711_2318354.jpg
    
    どれも 在校生の作品。 
      すばらしく よく出来ている。



    しばし うっとり 眺めていたかったけれど 
     今日は、終日 製パンの勉強会の日。
     あわてて エプロンつけて身支度整えて。

     今日のテーマは、ドイツパン2種とシュトーレン。
    
       ↓は、そのドイツパン2種。
       
f0186711_2235778.jpg

      写真手前が、ラウゲンベレッツェルン。ドイツの代表的なパン。
      製パン店のマークになっているというその独特の形は↓
     
f0186711_22522639.jpg
  
      
    この種をラウゲン液という苛性ソーダにつけてから 焼きあげることで
      香ばしい茶色に焼きあがるパン。

      写真奥は、ヴァイツェン ミッシュ ブロート。
       小麦粉が多く混入された大型のライ麦パン。
       ザワー種という発酵種を用いて 焼きあげる。

     どちらも 独特の製法のドイツパン。
     かみしめるほどに 味わい深い。

     
     おなじみのシュトーレンは、マジパンを巻き込んで 焼いたもの。
     ラッピングの要領まで ご指導いただいた。
      
f0186711_2247417.jpg


    この講習会 申し込んだのは、確か今年3月のこと。
    師走のあわただしい中 出向いた講座だったが 学ぶこと多い充実の一日だった。
     盛りだくさんの内容 忘れないうちに 
       整理して復習をしないと いけないけれど・・・。
        果たして どうなることやら・・・・。

by kurashinonakaniya | 2010-12-18 23:14 | 勉強会
2010年 12月 13日

白菜漬け

  白菜の美味しくなる頃 やはり白菜漬けが 一番食べたくなる。
  以前は、下漬けしてから 本漬するという手順で作っていたけれど
   この頃は 簡単に サラダ感覚の直漬け。
   漬ける白菜も 1個丸々使うこともなく 小さめ白菜を半分にして。
   
f0186711_84089.jpg


  漬ける前に2~3時間軽く干してから。
   この時 大根も少量 干しておいて 一緒に漬けこむ。
     双方が いい味を出しあって美味しくなるし
      白菜の隙間を大根が埋めてくれる役目をしてくれて 都合がいい。
      塩は、全体量の重みの3パーセント程度。
    鷹の爪 ゆずの皮 昆布の切れはし 少量のニンニクのスライス。
     呼び水として カップ1杯の水。
       重しは、漬ける量の3倍程度。
    

    あまり 漬かってない感じが 個人的には いい。
     ざっくり切って 少量のお醤油かけて 頂く。
      いい加減に作っても いい塩梅に出来上がる。
        
f0186711_1537334.jpg


        冷たい白菜漬けに冬の訪れを感じる。
  
        春から活躍した ぬか床は、中を整えて 塩蓋して床下に しまった。 
         春まで これで お休み。  

         

by kurashinonakaniya | 2010-12-13 08:27 | 暮らし
2010年 12月 10日

練りきり サンタクロース

   すこし 早めだけれど
   ちびっこ向けに作った クリスマスの練りきり
   白いお髭のサンタさん↓


      
f0186711_15502318.jpg

                  薯蕷練りきり   サンタクロース         
         中餡は、小豆漉し餡。

     
     子供の頃 牛乳やさんが 届けてくれるサンタのアイスというのが あった。
     小さなサンタクロースの形した色のついた可愛いアイスクリーム。
       感激しながら クリスマスの日 兄と分け合って食べたっけ。
          家庭の冷蔵庫では、アイスクリームを
           冷凍貯蔵することが不可能だった時代の古く懐かしい思い出。
            

by kurashinonakaniya | 2010-12-10 16:17 | 和菓子 冬
2010年 12月 08日

栗雪平

     求肥に 八分立ての卵白入れて なめらかに練り上げた雪平生地。
     生地には、 2種類の栗を入れて。
       自家製栗の甘露煮と渋皮煮のざく切りをたっぷり入れ込みました。
           
   
f0186711_1603036.jpg

                練り菓子  栗雪平 

    炒ったクルミも入れて 香ばしさと食感のアクセントになってます。
     

    
f0186711_1691390.jpg


   
f0186711_16105232.jpg



     この秋は、暇さえあれば 栗仕事。
     なのに 使い始めると あっという間にストック不足。
      これじゃあ  お正月までは、持たないな・・・。          
       

by kurashinonakaniya | 2010-12-08 16:21 | 和菓子 秋