人気ブログランキング |

暮らしの中に優しい時間

iyasikukan.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 30日

練り切り 千代見草

 
 11月最終日。早いですね。ああ もう ここまで来たかという感じ。

 茶巾絞りの練習 ということで 作ってみました。

 
f0186711_15532938.jpg

                  練り切り  千代見草 

  千代見草は、菊の異名。
  中餡は、小豆漉し餡を手亡白餡で包んだもの。練り切り生地は、求肥つなぎ。

     

by kurashinonakaniya | 2009-11-30 16:23 | 和菓子 秋
2009年 11月 26日

燃える満天星

 日毎に 燃えるような 紅色に変わっていくツツジ。

f0186711_17132554.jpg

  その名は満天星、そう ドウダンツツジのこと。
  ツツジは、漢字で 書くと「躑躅」。
 だから「満天星躑躅」と いうのが、正解なのでしょうか。

 我が家では、4本植えてあるうちの 通り側のが、今 まさに燃えるような くれない色。
 朝 起きるたびに 真っ赤に変化していく様を楽しんでます。
  
 で、そんな 満天星眺めて 作ったのが ↓
f0186711_17152449.jpg

                きんとん 満天星

      紅花エキスでかなり色濃くしたつもりだけど、やっぱり本物には、かなわない。 

               偉大なる自然の力。
               季節は、 晩秋。
               
   f0186711_17253498.jpg  
      

by kurashinonakaniya | 2009-11-26 17:38 | 暮らし
2009年 11月 23日

雨風耐えて 今年も掛けて

 
 連休最終日、毎年この時期、玄関ドアを飾るのは、亡母が作ったクリスマスリース。

f0186711_1544773.jpg


  季節ものとは言え、30数年 雨風に当たって 正直かなり傷んできて。

  もう そろそろ 新しいものにしてもいいかな とも思うのだけど。

  でもね。やっぱり これじゃなくちゃ ダメな気もして・・・。

  大分 よじれた葉っぱと リボンを 菜ばし使って精一杯クセ直し。

  今年も、我が家の玄関を飾ってます。  

 

by kurashinonakaniya | 2009-11-23 22:37 | 暮らし
2009年 11月 20日

クルミといちじくの雪平

 卵白が、余っていたので、雪平を作りました。
 自家製ドライのいちじくと、ローストしたクルミを入れて。

 
f0186711_1781530.jpg

               胡桃とドライいちじくの雪平 

  固くあわ立てたメレンゲに寒天液を混ぜて 求肥と合わせた雪平です。
  寒天液の煮つめも求肥も すべてレンジをフル活用して作ったもの。

  今日使ったいちじくは、皮をむいたものを 三温糖で煮てから、低温のオーブンで一時間加熱、その後天日で  2、3日干したものです。 f0186711_1718172.jpg

 色も風味も良くて 気に入ってます。

 
f0186711_17191267.jpg

   籠に入れて、プレゼント。

   
f0186711_17205632.jpg


          ああ、もう こんな時間、 それでは、また !

by kurashinonakaniya | 2009-11-20 17:29 | 和菓子 秋
2009年 11月 18日

おつまみお菓子   シナモンアーモンド

  
  人が集まることの多いこれからの時期、ワインやお酒のお供に、あると便利なのがシナモンアーモンド。
  簡単に出来て、とても美味しいおつまみです。

  
f0186711_17311624.jpg

                 シナモンアーモンド
作り方は、↓の要領で

 ① 150度程度のオーブンで、10分程度、香ばしくなる程度にアーモンド200gをローストしておく。

 ② 厚手の小さめの鍋に、グラニュー糖60g シナモンパウダー小匙1強 水大匙2を入れて、火にかける。
  沸騰したら、火を弱めて、混ぜないで2分間煮詰める。

 ③ 飴状になる手前で、温めておいたアーモンドを一気に入れたら、すぐに火を止め、手早くかき混ぜる。
  砂糖が白っぽく結晶したら、バットに広げて冷まして 出来上がり。


  
f0186711_17441347.jpg

    
  カリッした食感がたまりません。乾燥剤をいれて缶で保管。

f0186711_17471513.jpg


 
  
  

by kurashinonakaniya | 2009-11-18 17:54 | 手作り菓子
2009年 11月 15日

  三角点

 
 ウオーキング途中で、三角点なるもの 見つけました。
 
f0186711_2259104.jpg

 
f0186711_2353764.jpg

                   ↑が、三角点

 地図を 作るために行う三角測量で 基準となる地点というのが、三角点。
 
 そもそも、見晴らしのよい場所に設けられるらしいのに、ここは、薄暗い神社の境内の裏側。
 こんな ところが、地図作りの基準点になるなんて、なんとも不思議。

 
f0186711_235448.jpg


 長く住んでいる場所なのに、案外 気づかないでいることって あるものですね。
     

by kurashinonakaniya | 2009-11-15 23:19 | 暮らし
2009年 11月 13日

薯蕷饅頭 風花

 先日ネットで頼んであった加賀の丸いもが届いたので、薯蕷饅頭作ってみました。


 
f0186711_1617312.jpg

                薯蕷饅頭  風花
 「風花」と書いて「かざはな」と読みます。初冬の風が立って雪や雨がちらちらと降る様のこと。
 昨日、今日と 何だかしんしんと 冷え込んでいるので、雪の結晶の焼印押してみました。
 

  加賀の丸いもは、こんな感じです。↓
 
f0186711_16212268.jpg


  山芋に比べて、粘り気は、かなり強いですが、蒸しあがった お饅頭には、お芋独特のクセは、、ありません。
  お芋の香りが、苦手な方でも、この加賀の丸いもを使った薯蕷饅頭なら、大丈夫でしょう。
  
  しっとり、すっきり 上品な味のお饅頭です。
  中餡は、小豆漉し餡。→   f0186711_16504555.jpg


  お芋は、↓の感じで、届きました。
  
f0186711_16335855.jpg

  カンナクズの中に埋まって 5個のお芋が隠れてました。
f0186711_1635866.jpg


   ネットで 金沢屋さんというところで、二キロ入りの箱〔3045円〕を注文しました。
   来年3月ごろまで、そのままの状態で保存可のようです。
   お料理にも、色々使えますね。
  

    
f0186711_16403321.jpg

     薯蕷饅頭は、ほのあたたかい内にシートに包んでおきます。
     すぐに食べきれない場合は、冷凍保存しておくと、風味が変わらず安心です。

by kurashinonakaniya | 2009-11-13 16:44 | 和菓子 冬
2009年 11月 12日

キャラメルチュイル

 久しぶりに作った もろくて薄い 飴のおせんべい。
 ローストしたアーモンドスライスをキャラメルで固めたチュイルです。

 
f0186711_132838.jpg

              アーモンドのキャラメルチュイル
 
   まるで、レース編みのよう。ものすごく 繊細で デリケートなチュイル。
   フロランティーヌは、プレゼント用に頻繁に焼くけれど、このチュイルは、あまりにも、壊れ易いので、 そうは、いかない。だから、随分久しぶりに 家用に作りました。

  レシピは、前にも何度かご紹介した 今は亡き 宮川敏子さん。
  「スイス風のお菓子」から。
  
f0186711_13373161.jpg
 
  ホームメードの洋菓子の礎を築かれた方で、ご自宅でスイスフランス菓子研究所を主宰されていた。
  理論的で丁寧なお菓子作りの教えは、今でも、思い出す。あの頃、もっともっと 真剣に学んでいればよかったと思うのですが・・・。
f0186711_140031.jpg

           乾燥剤を入れた缶で保存する。

  今月初めに 家の中に取り込んだシャコバサボテン 次々咲いて ただいま花盛りです。
   
f0186711_14548.jpg
 

by kurashinonakaniya | 2009-11-12 14:16 | 手作り菓子
2009年 11月 11日

 練り切り 山茶花

 
  紅花から抽出したという赤い色エキスを使って、作ってみました。

 
f0186711_11501940.jpg

                 練り切り  山茶花

 紅花は、血行を良くしたり、コレステロールを下げる生薬として知られてます。紅花の花の色は、黄色だそうで、その99パーセントは、水溶性の黄色、赤の色素は、1パーセントしかないそうです。だからでしょうか、紅花から抽出した赤色エキスは、すごく高価だそうです。
 先日、金塚先生に、ちいさな入れ物で分けていただきました。
 
f0186711_11583760.jpg


 トロッした液体で、あまり保存できないそうで、冷蔵保存でなるべく早く使いきるようにとのお話。
f0186711_1203522.jpg


 で、今日、初使用した次第。
 
 白い練り切りに赤染めの生地を包んで、包みぼかしにしてみました。中餡は、手亡白餡。

f0186711_1232882.jpg

 もう少し、控えめに色をつけるべきでした。
 また やってみます。

 午後から 焼き菓子作りが、あります。
 では、また。

by kurashinonakaniya | 2009-11-11 12:21 | 和菓子 冬
2009年 11月 07日

新 いもようかん oishii

  今日の芋ようかんは、いつものより、ちょっと現代風。そして、さらに簡単。

  火を使うのは、お芋を蒸す時だけ。
  
f0186711_1552113.jpg

               簡単 いもようかん


  お芋は、皮をむいて正味250グラム水にさらしたものを、蒸し器で竹串が、すっと刺さる程度に蒸します。
  
f0186711_1555571.jpg
 

  このお芋に、きび砂糖50g、無塩バター8グラム 塩少々を加えて、プロセッサーにガーッとかけます。
f0186711_15574761.jpg


 小さめの流し箱に、オーブンペーパーを十字に敷いて、その中に お芋の生地を入れ込みます。
f0186711_15594574.jpg


 
 表面を平らにして、黒ゴマを適当に散らしたら、オーブンペーパーを畳み込んで、流し箱の押し板で、表面をぐっと、平らになるように押します。
f0186711_16255.jpg


 粗熱が取れて、生地が落ち着いたら、お好みの大きさにカットして できあがりです。
f0186711_1685324.jpg


 スイートポテトより、あっさりして、カロリーも控えめ。少しのバターが、美味しさを引き立ててます。

 簡単にできて、プレゼントにも 喜ばれます。

by kurashinonakaniya | 2009-11-07 16:13 | 和菓子 春