人気ブログランキング |

暮らしの中に優しい時間

iyasikukan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:和菓子 秋( 50 )


2018年 11月 16日

お土産用の練りきり

   朝晩 ずいぶん 冷え込んできました。

  お土産用を頼まれたので 練りきり2種。小菊と観世水。
   何分 道中 心配だったので 無難なものを詰めました。↓ 
 
   
f0186711_16223496.jpg


    小菊は 求肥つなぎの練りきりで。白にピンクのぼかしで。中餡は 小豆漉し餡を手亡白餡でくるんで。
    観世水は 時節柄 氷餅をかけて 初時雨のイメージで。

    

   そういえば このところ 私宛に 不愉快なハガキが 届いてます。いわゆる架空請求の類の通知です。全く身に覚えのない馬鹿馬鹿しい内容ですが、受け取ると気持ちが沈みます。    
f0186711_1641271.jpg

     
f0186711_16414151.jpg

         
  先日 自治会の防犯の集まりに来られた警察の方にも相談したのですが、明快な回答はなく・・・。
   しっかり 取り締まる手立ては ないんでしょうか。何とも 歯がゆい思いです。
   この手の通知は 受け取っても無視するように 皆さんも、くれぐれもご注意を。

by kurashinonakaniya | 2018-11-16 20:00 | 和菓子 秋
2018年 11月 06日

練りきり 紅葉狩り

  紅葉の美しい頃となりました。

   ういろう生地で作った秋の練りきり。↓
   
f0186711_15155090.jpg

        ういろう製 紅葉狩り
 
     ういろう生地を2枚重ね、間に練りきり生地を挟んでぼかし模様を入れて 薯蕷餡を包みました。


   11月に入り そろそろ来年のカレンダ―を手配したいと思いながら いまだ見つからず。
    今 リビングに掛けているウィリアムモリスの日本版カレンダー。↓
       
f0186711_15294328.jpg


    実は 来年も同種のものをと思っていたものの 希望するサイズは輸入版しかないような・・・。たかがカレンダー されどカレンダー。 1年 掛けておくもの お気に入りを探すのもなかなか難しいものです。
          
    

by kurashinonakaniya | 2018-11-06 15:51 | 和菓子 秋
2018年 10月 21日

薯蕷練りきり  照紅葉

 久々に爽やかな秋晴れの1日。お元気でお過ごしですか。短い秋を惜しむように時間は無情に過ぎていきます。物欲は 殆ど無きに等しいものの やりたいことだけは なぜか年毎に増えていき 身の程知らずに あれやこれやと走り回っている毎日。 久し振りの投稿となりました。
 今年の紅葉は 例年より少し早い様子 そんな秋を練りきりにしました。
  
f0186711_1591737.jpg

             薯蕷練りきり   照紅葉(てるもみじ)
  
 
  蒸した山芋をつなぎにして作った練りきりです。もう おなじみですね。中餡は 小豆漉し餡。  白の生地には 黒のすりごまを入れて 黒の生地は 漉し餡に鹿の子豆を混ぜ 黄色はクチナシの実で染めました。3色の生地を手のひらに載せて平らにして 小豆餡を包んだら 茶巾絞りに。
       
   急ぎ足の秋 今の時間を大切に。 
    
   
   
       

by kurashinonakaniya | 2018-10-21 15:20 | 和菓子 秋
2018年 08月 27日

道明寺製 山ぶどう

 うす紫に染めた道明寺生地に 山ブドウの果汁入りの餡を包んでみました。氷餅をまぶして山ぶどうの出来上がりです。
   
f0186711_16101094.jpg

                道明寺製 山ぶどう
      f0186711_16271131.jpg     
    

  一升瓶に入った山ブドウの原液果汁を頂いたので ドリンクとして飲む以外に その果汁で、ペクチンを使って煮詰めてゼリーのお菓子パート・ド・フリュイを数日前 作ってました。この猛暑の中 果汁を105℃に煮詰めるのは さすがに なかなかシンドイ作業でもありました。
     
f0186711_16203292.jpg

 せっかく作ったボンボンの生地 日持ちはするので、和菓子にも 展開可能かなと思い 白餡に混ぜてみた次第です。パン作りにも利用しても面白いかなと思ってます。
    f0186711_1625949.jpg             ←山ブドウのボンボン生地

 
  
  

by kurashinonakaniya | 2018-08-27 16:46 | 和菓子 秋
2017年 10月 28日

栗茶巾

 長野土産の小布施の栗で 取り急ぎ 茶巾絞り。
  
f0186711_17115111.jpg

      
 蒸気のあがった蒸し器で 強火で15分蒸して 実を取り出したら フープロに。
 加えるお砂糖は 生地の20パーセントで。今日は種子島産原糖を使用。
 
f0186711_17182461.jpg

 生地を固く絞った布巾に載せてもみ込んだら @35g程度に分割。
 絹布巾でギュッと絞って 出来あがり。
 栗本来の香りと味を楽しむ素朴なお菓子。甘さは 控えめに。
  
 先日放送の「趣味の園芸」に刺激されて 午前中 ギボウシの株分け作業開始。
 10数年? いや それ以上植えっぱなしだったので 根は張り過ぎて それはそれは大変でした・・・。
 
 お昼をはさんで 午後まで1人黙々と。どうにか6つの株に分けて 雨降る前に植付終了。
  宿根草も やっぱり定期的な手入れが必要なんだと痛感した次第。以後 肝に銘じて。


ギボウシのその後

by kurashinonakaniya | 2017-10-28 17:24 | 和菓子 秋
2016年 11月 30日

鹿の子 黄落

  求肥に柚子皮のすりおろしと柚子風味の柿ジャムを入れて作った鹿の子です。
   煮溶かした寒天で艶だし。
    公孫樹に型抜きした練り切りと ケシの実を飾って。
      
     
      
f0186711_11562132.jpg

                  鹿の子  黄落


    11月も今日で終わり。
     ブログ開設 いつの間にか9年目に突入してました。
       ホントに 早すぎます。
        

by kurashinonakaniya | 2016-11-30 12:14 | 和菓子 秋
2016年 10月 28日

バター風味のカボチャ饅頭

   ハロウィンを意識した訳では ないけれど・・・。 
  バター風味のカボチャ饅頭。
   お饅頭の皮の生地にバターを練りこんで。
     カボチャが隠れているとは 思えないでしょ。
          
f0186711_14594429.jpg


      20gの皮で同量のカボチャ餡包んで蒸したもの。
      中餡は 手亡豆の漉し餡に蒸しカボチャを混ぜたカボチャ餡。
      練りあげてから シナモン入れて 風味づけしました。              
         
f0186711_150914.jpg



    急に冷え込んで 予報通りの雨。
    日も短くなって 季節の大きな変化を感じる日。    

    文字通り 晴耕雨読と決め込んで。 
    相も変わらず食に関わるエッセイは 図書館からの借り物で。
     ←は その一冊。          f0186711_15182436.jpg
 
      味噌汁の実 その扱い方 和え物 焼きもの 煮もの ・・・
       まさしく 味噌尽くし。どこを読んでも教えられること多々。
       辰巳芳子さんの母 浜子さんの名著。
        芳子さんとはひと味違う?自然体の文章に ホッとする。                
      

by kurashinonakaniya | 2016-10-28 16:07 | 和菓子 秋
2016年 09月 19日

栗のおはぎ

   
  栗の蜜煮の角切り入れて作ったおはぎ。  
f0186711_6445079.jpg


     おはぎを包む餡は 表面が乾かないように練りあげ時に水飴入れて。↓
      

       
f0186711_8523918.jpg
              
      

by kurashinonakaniya | 2016-09-19 07:01 | 和菓子 秋
2016年 09月 07日

練りきり  小菊

  24節気のひとつ 白露の日。
  朝露に濡れた草花に 季節の移ろいを感じるころ。
     夏の終わり。
     暑くても  すこしずつ秋ですね。
     重陽の節句も 近いので シンプルな菊の練り切りを。
      絹布巾で 茶巾絞りにした 求肥つなぎのお馴染みの練り切り。↓
       中餡は 小豆漉し餡を手亡豆の白餡でくるんだもの。 
        すべて 北海道産のお豆を使ってます。     
        
f0186711_15193774.jpg

                  
  
  次々 列島を襲う台風。
  甚大な被害の報道に 胸が痛みます。
  これ以上 大きな犠牲が出ない様にと ただただ祈るばかり。
  農産物への影響も心配です。
       

by kurashinonakaniya | 2016-09-07 16:02 | 和菓子 秋
2016年 08月 29日

いもようかん

  はっきりしないお天気に翻弄されている毎日。
  お元気ですか。
  いろんなことのあった8月も もうじき終わり。
   暑くても 虫の声に 少しづつ秋の気配を感じる頃ですね。
    気持ちを引き締めて 日々の暮らし 丁寧に過ごしたいところです。  

    火を使わないで作る いもようかん。↓
    もう お馴染みかとも思いますが 
     
f0186711_15463330.jpg
 


    レンジとフープロ併用で 超簡単手軽に出来るいも羊羹です。
      同じものを作るのでも そのプロセスは 色々。
       こだわりも大事だけれど 時には上手に手抜きをすることも必要かと。
         少しでも多くの引き出しを作って 臨機応変にと思ってます。

           

by kurashinonakaniya | 2016-08-29 16:30 | 和菓子 秋