暮らしの中に優しい時間

iyasikukan.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 20日

すみれの刺繍

紫系の小花が好きなので すみれの刺繍 始めてた。すみれの花咲く頃には 完成のつもりだったけど 、何とも 遅々たるペース。なかなか 思うように 進まない。 中断すると どこから始めていいのか 分からなくなるけれど・・。シックな糸色はロシアンカラー。華やかさは ないけれど 落ち着いた感じに仕上がるかな。
 まあ 地道にコツコツと。
  
f0186711_11121231.jpg


  
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2018-04-20 11:43 | 暮らし
2018年 04月 15日

新タケノコで親子煮

 新のタケノコの出回る時期。この期を逃さずに 保温鍋で軟らかくしては 冷蔵庫にストック。今が旬の味を色々楽しんでます。↓は タケノコの卵とじ。薄切りにしたタケノコをお出汁と調味料でじっくり味付けしてから そぎ切りした鶏肉 シメジ 三つ葉をのせて。卵を流しかけて さっと蒸らしたもの。
  
f0186711_5474420.jpg


 熱々を器にザックリ盛って 粉山椒を振っていただく優しい味のお惣菜。

  むかーし お料理を習い始めた時に 初めて作った思い出のひとしな。あの頃、一緒に住んでいた祖母が 喜んで食べてくれたことを思いだします。
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2018-04-15 06:04 | 暮らし
2018年 04月 05日

さくら色の葛プリン

 ほんのり桜色した和のプリン。プリンといっても、卵を使わず 葛と寒天で ゆるめに固めています。甘酒と牛乳を合わせた中に桜花の塩漬けを10分ほど入れて 桜の風味と香り出し。色粉でほんのり桜色に染めて、今日は レンジで様子を観ながら火入れをしました。とろみがついたら 水を入れたボールに浮かべて 混ぜながら粗熱とって 小さな器に小分けして。少し固まってから 桜花を載せて冷やします。
 
f0186711_1640413.jpg


  甘酒は もち米麹で作った自家製のものを使用。
   麹の甘さで お砂糖は 使わず。
   花見時の小さなデザートです。
          
f0186711_16571746.jpg

    
  
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2018-04-05 17:10 | 手作り菓子
2018年 03月 31日

練りきり 櫻花

   桜を求めて 今日も沢山歩きました。 
   あちこち回って 1万5千歩あまり。ちょっと疲れました。

   時節柄 桜の練りきり クッキーローラー転がして作ってみました。 
   薄く伸ばした練りきり生地に 桜花の柄が浮かび上がって可愛いです。
   クッキー用だけでなく 和菓子作りにも 使えますね。       
    
f0186711_17313493.jpg

    
f0186711_17314477.jpg


       中餡は 桜葉の塩漬けの粗みじんを混ぜ込んだ白餡。
     
     
          
f0186711_2124893.jpg
  一番のお気に入りは 大堀川沿いの桜並木。 ↑の写真は 3日前のウオーキングの時のもの。見事な咲きっぷりでした。
     
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2018-03-31 21:35 | 和菓子 春
2018年 03月 28日

昆布のミルフィーユ

   出汁をとった昆布を冷凍ストックしたもので作る箸休め。↓
  コトコト軟らかくなるまで炊いていき 充分軟らかくなったら 酒と砂糖で甘味つけ。
  甘味が昆布に浸透したら お醤油加えて 薄めの味付け。
  汁気を切ったら 押しずしの型に重ね入れて 冷蔵庫で落ち着かせる。
   羊羹のように固まったら小さくカットして 小皿に盛る。出しガラも小粋な昆布料理に。

    
f0186711_1785413.jpg

     レシピのアイデアは 故阿部なをさんのむだなし料理百選
       「葱とわかめと油揚げ」から。                                                                    
     お重昆布という名で 紹介されている。
     素材を無駄なく使えば つましい素材も美味しく。
     たっぷりの心ぞえで甦る。
     ケチ料理は この上なく最高の一品になる。
                                                     
f0186711_17534139.jpg
                                                                                                        
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2018-03-28 17:57 | 暮らし
2018年 03月 14日

気軽にパンを

レーズン好きが居るせいか レーズン入りの山型食パン 度々焼いてます。↓
  100gのレーズンを混ぜ込んだ生地に、ココア入りのシナモンシュガーを巻き込んだもの。カットすると その表情が面白いです。
  
f0186711_16303170.jpg

  
   シナモンの香りが 食欲をかきたてます。      

  
   こちらは 白い山型食パン。  先ほど焼き上がりました。↓
   今日のは 豆乳と大豆油を入れてます。
   
f0186711_1634425.jpg


   その都度 その日の気分で 配合や粉を変えたり。
   こねないパンだからこそ出来る気軽さが パン作りを楽しくさせてくれてます。

   伊予かんのマーマレードは 白いパン用に。↓
   先日のストーブ鍋を使って。
    f0186711_16401867.jpg 
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2018-03-14 17:09 | 暮らし
2018年 03月 07日

餡入り食パン

 こねない食パン生地に 小豆漉し餡と濡れ甘納豆を編み込んで焼いたもの。↓
  トッピングの塩が 味のアクセントになっている。
     
f0186711_1573142.jpg


   ↑のサイズは パウンド型で焼いた小ぶりの餡食パン。
   漉し餡は、自家製餡100g使用。甘納豆は大匙2弱。
      塩は オーストラリア産の大粒の粗塩。
   
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2018-03-07 15:28 | 暮らし
2018年 03月 05日

 もうすぐ春

 
  昨日は 父の3回忌の供養の日。穏やかな日和の中で 無事 終わった。
  
  桜の薯蕷饅頭と観世水は 父を偲んで作ったお土産用。↓         
f0186711_1532128.jpg
 

         
   それにしても 今日は うってかわっての雨風強い日。
    春先のお天気は ホントに目まぐるしい。
      
       
f0186711_16343298.jpg
 
 
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2018-03-05 16:00 | 暮らし
2018年 02月 25日

果報は寝て待て?

 どっしり重い宅配便。
 送り主は 北海道のホクレンさん。
 届いたのは ↓
  
f0186711_16212722.jpg

  後でわかったのだけれど 数日前に当選メールが届いていたのを見落としていました。
 全く 予期せぬ贈り物に まるで金メダルをとったような天にも昇るような・・・・。
  バジルグリーンの色も すごくいい。
    まさに 果報は寝て待て。期待しないでいると いいこともあるものですね。
    早速 有難く 使ってます。
   
f0186711_1628512.jpg

     手羽元とメークインとエリンギのワイン蒸し↓
       
f0186711_1629935.jpg

[PR]

# by kurashinonakaniya | 2018-02-25 16:48 | 暮らし
2018年 02月 25日

サバの味噌煮

白いご飯のおかずに サバの味噌煮 こっくり甘辛く煮るのは 定番おかずのひとつだけれど。今年になって 味噌煮に言えばdancyuの1月号の魚特集の記事(正月帰省した息子が持っていたので)に 大いにヒントを受けて作っている。料理とは 面白いもので味噌煮といっても その料理方法は人それぞれ。
サバの味噌煮 dancyu方式 何が違うかといえば サバの切り身に細かく切りこみを入れて半分に切ってから サッと霜降りにしていること。切れ目を入れることで 味の浸み込みは 早く 霜降りにすることで 臭みのない煮あがりになる。これは お勧め。     
f0186711_15153997.jpg
 
 で、 ↑のサバの味噌煮は こんな要領で。↓
 サバがヒタヒタになるように 鍋には酒と水は同量 きび砂糖大匙1を合わせたものを沸騰させてから 水気を拭いたサバを皮目を上にして入れる。出てくるアクは 順次取り除く。そのあと 醤油大匙1と生姜の薄切り数枚投入。小さなボールに白粒甘味噌と唐辛子味噌 味醂 それに煮汁をすくって溶き合わせてから 鍋の中に加えて 炊いていく。途中 素焼きにした葱を投入。
  2種の味噌は 自家製手前味噌を使用。
  サバ二切れで白粒甘味噌85g 唐辛子味噌大匙1弱 みりん大匙1  

   
f0186711_15562378.jpg
 
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2018-02-25 16:47 | 暮らし
2018年 02月 20日

プルーンピューレでパン

  カリフォルニアプルーン協会から 頼んであったプルーンの冊子(無料)が送付されてきた。
  バターの代替となるプルーンピューレの作り方 そのピューレを使って作るレシピが 充実。
    
f0186711_18155956.jpg


   早速 プルーンの種を抜いて ピューレを作る。
   作り方は 至極簡単。
   フープロにプルーンとぬるま湯を合わせて ガーッとするだけ。
   実験的にレシピの半量で 種抜きプルーン100g ぬるま湯45mlで。
      
f0186711_18221264.jpg


      100gあたりのカロリーの比較
        プルーンピューレ 166キロカロリー
        無塩バター    763キロカロリー

     このピューレ―をお菓子やパンに使うと カロリーはオフ 食物繊維は アップ。
     しっとり柔らかく仕上がると冊子に説明。

      で 焼いてみました。
      エゴマとプルーンピューレ入れてのカンパーニュ。
      冊子のレシピを参考に 強力粉200g 全粒粉35gで。
      作り方は  いつものように こねないで生地作り。
             
f0186711_1828522.jpg

          外は カリッと 中はしっとり ふっくら。素朴な自然な優しい甘さです。
           
f0186711_1829494.jpg

          直接 焼きあがったパンに塗ってもいいし。
          折々 色々試してみたいと思います。

      
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2018-02-20 22:34 | 暮らし
2018年 02月 20日

薯蕷饅頭

  先週の予報では 確か今日は 関東は雪が降るとのことだったけど。
   今日は 暖房いらずの暖かさ。
    昨晩 頼まれて作った薯蕷饅頭 
     何のためらいもなく焼き印は 雪の結晶を押してしまった。
      おまけに少量の生地を水で溶いて うっすら水色ぼかし。
        連日のオリンピック観戦が 心理的に影響したのかも。         
            
f0186711_14215118.jpg

          薯蕷饅頭
  
        生地14グラム 中餡小豆漉し餡25g

       やっぱり 梅花の印にすべきだった・・・・。 
        迂闊な自分を後悔させる 春を感じる日。   
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2018-02-20 14:56 | 和菓子 冬
2018年 02月 13日

時節柄・・・

   寒仕込みの味噌つくり。
   麹は 作っても作っても 消えていき・・。
   長期熟成の大豆多めの田舎味噌を仕込んでます。
   同時進行で オリンピックを見ながら 
   ラムレーズンとオレンジの蜜煮 胡桃を刻んで
   
f0186711_15413330.jpg
 
    チョコ玉作り・・・。
       
f0186711_15444277.jpg

  
 
    ながら作業は 得意技ですが            
     いつまで続けられることやら・・・。

     
f0186711_163856.jpg

        一昨年 家人が作った陶製の無骨な感じのお雛様。↑      
         季節ものなので 一応 お出ましを。
            こそっと リビングに。
     
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2018-02-13 16:27 | 暮らし
2018年 02月 11日

コトコトと

 煮炊きをしていると 気持ちが穏やかになるのは 何とも不思議です。
  コトコトグツグツ。お鍋の中は いつも平和です。
   ↓は 豚バラ肉の煮こみです。くし型の玉ねぎもトロトロに。ひよこ豆も入れちゃいました。
   バラ肉は塊りのまま焼き色をつけて おからを入れて軟らかくなるまで茹でてます。  
f0186711_1510473.jpg
  

    手間かけずに 時間をかけて。
    仕上げに ほうれん草も加えましょう。

   こちらは ジミーなサトイモの含め煮。↓
    
f0186711_15204672.jpg

   サトイモは 下茹でしないで タップリのだし汁で軟らかくしてから 味付けます。
   しっかり冷まして 味を含ませて。 いただく前に温める段取りで。
   水溶きカタクリでとろみをつけて インゲン加えて盛り付けます。
    
    あくまでも 脇役の存在です。↑
    そこが また いいんです。    
    

    寒さまっただ中。
    暖かな春が 待ち遠しいですね。
    連日の大雪のニュース 雪の多い地方は 大変ですね。
    3連休 無理のないように 充分な休息を。      
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2018-02-11 16:16 | 暮らし
2018年 02月 06日

やりいかの酒粕漬け

  
  やりいかにゲソと茹でた人参を詰めて 酒粕と白味噌を合わせた床に漬けたもの。
  イカ好きのお酒のアテに。↓
   
f0186711_16561559.jpg
  

    イカは 胴から足を抜いて塩水で洗い、酢を少し入れた熱湯でさっと茹でる。
    水気を拭いて 酒粕と白味噌を混ぜて ゲソにまぶし 胴の中へ。
    漬け床は 酒粕と自家製白粒甘味噌を合わせたもの。
     色どりに固ゆで人参のせん切りを少し入れて。

     冷蔵庫に入れて 食するのは 漬けた翌日以降。  


    
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2018-02-06 17:09 | 暮らし
2018年 01月 31日

ソフリットを作る

 有馬シェフの講習会で気になったソフリット。
 作っておけば 日々の料理に役立ちそう。
 材料は 玉ねぎ 人参 セロリにオリーブオイルなので 思い立ったら すぐできる。
  シェフのお言葉に従って 玉ねぎだけは 手でみじんに。人参 セロリは フープロ使用。

  ヘラで時々 混ぜながら 弱火で炒めていく。
  サラサラが トロトロのペースト状になるまで 約1時間。
  じっと そばについていなくても 時々 鍋の中を確認する感じでいい。
    
   で、 こんな感じに煮詰まったら↓
      
f0186711_15325030.jpg


     油と分けて ペーストは薄く板状に広げて  
      
f0186711_15341011.jpg

    表面をラップで覆って 使いやすいように 線を入れて 冷凍保存した。 
      
f0186711_1550187.jpg

     
     いい味出た油は 香味油として利用。 
      
f0186711_15392335.jpg


       玉ねぎ270㌘ 人参135㌘ セロリ50㌘ オリーブオイル120㏄使用
  

           どちらも 早速 重宝しています。      
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2018-01-31 16:08 | 暮らし
2018年 01月 29日

有馬シェフの講習会

  先日 「パッソ ア パッソ」の有馬シェフによる講習会に参加。
   素材を無駄なく使って美味しさをひきだすイタリアンということで 鴨肉を使ったお料理を披露された。
   イタリアンにも ジビエにも詳しくはないので 初めて聞く料理用語の数々。
     少々戸惑った感もしたが 実際は どれもいたってシンプルなお料理だった。
    ブロードと呼ぶ出汁作りは いうなればブイヨン作りと同じ。
   
f0186711_15571724.jpg


  
     ↓は 当日 有馬シェフが作られたもの。
     
f0186711_15474577.jpg

       鴨肉のロースト&大根のボリ―ト
  
  鴨の胸肉をフライパンでローストする方法を学ぶ。両面焼いたらホイルで包む。
  大根は 先にとったブロード ドライトマトを入れた鍋で炊き サルサヴァルデというソースをかける。
  このソースのグリーン色はイタリアンパセリと大根葉で。 

     
f0186711_15491284.jpg
 
          ポレンタ

    ポレンタにラグーをかけて パルミジャーノ オリーブオイル パセリをふる。
        
    
   ポレンタはトウモロコシの粉をブロードで炊いたもの。ラグーは ミートソースのこと。


        ↓は 試食したプレート。
     
f0186711_16215553.jpg
 
    手前から ラグー ポレンタ 鴨胸肉 大根のポリート レバーペースト  

      レバーペーストは口頭での説明のみだったが 癖なく美味しかった。
      ラグーに入れるソフリットは 玉ねぎ 人参 セロリを多めの油で炒めたもの。これは調味料として活用できそう。

     久々に参加した講習会でしたが、 新たな刺激を受けたひとときでした。
      
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2018-01-29 17:42 | 勉強会
2018年 01月 21日

薯蕷きんとん 咲き分け

 多古産の大和イモを使って作ったきんとん。
 紅白は 咲き誇る梅の花。
 1本の梅の木から 競うように咲く紅白の梅花を表すオーソドックスなきんとんです。↓
  季節先取りですが 新年を祝う和菓子ということで作りました。
    
f0186711_1553555.jpg
  
           薯蕷きんとん  咲き分け

     きんとん生地30g 中餡25g

    通常より 少し大き目のきんとんになってます。
  
    遊び心で 中餡を梅風味にしてみました。      
   きんとんの芯の部分は さしす梅の果肉たたいて↓      
 
f0186711_16122212.jpg

    大納言粒餡で 包んだもの。↓
        
f0186711_1613295.jpg

         
     明日は 関東でも 雪が降るとか。
     巷では インフルエンザも流行っている様子。
      
      急な冷え込み 油断大敵 体調管理をしっかりと。          
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2018-01-21 16:37 | 和菓子 冬
2018年 01月 19日

花豆の蜜煮

  餡作りにも通じるが 豆を煮るのが好きだ。
  買い置きしてあった大粒の花豆。昨晩浸水。  
    
     
    
    朝 そのまま10分加熱 そのあと1時間 保温鍋に入れて軟らかくする。
    別鍋で煮詰めておいた蜜に 軟らかくなったお豆を入れて 10分火入れ。
     鍋の中で しっかり冷まして 蜜の味を含ませる。
      密閉容器に入れて 冷蔵庫へ。   
     
     
f0186711_15445524.jpg
 
       花豆200㌘
        蜜(砂糖180㌘ 水2カップ 薄口醤油大匙半分 醤油小匙1)

        
f0186711_15575093.jpg



   
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2018-01-19 16:19 | 暮らし
2018年 01月 11日

ココアのカンパーニュ

久し振りに のんびり。午後から読書。
 図書館から借りた本をベッドの上で読む。
  小川糸さんの本 「これだけで、幸せ」。
    妥協せず 自分の目で見つけ出したものを 長く大切に使う。
     そう それだけで 幸せ。 
       まだ40代の小川さん 人生の終わりを意識するようになったとか。
         ちょっと 早すぎやしませんか とも思うけれど・・。
           こだわりあるシンプルなライフスタイルは、彼女らしい。
   

     ↓は 朝 仕込んであったパン。
     大体5日に1回の間隔で焼いている。

           
f0186711_16205385.jpg
    
  今年2回目のカンパーニュは ココアとクランベリー入り。       
f0186711_16224244.jpg
 
  ほろ苦いココアの生地に赤いベリーが アクセント。
  これも 勿論 手間いらずの こねないパン。  
   生活の一部になったパン作り 今年も気軽にパン焼きを。  
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2018-01-11 17:01 | 暮らし
2018年 01月 02日

お正月

瞬く間に 年改まって お正月。
 小さな家族も加わって 賑やかな年初めとなりました。
  例年通り 地元の神社にお参りしてきました。
   2018年 皆さまにとっても より良き年となりますように。
    
     今年も どうぞ 宜しく。
    
f0186711_22122727.jpg
 

   
f0186711_2241401.jpg


     
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2018-01-02 22:36 | 暮らし
2017年 12月 13日

ういろう 熟柿

     
   ういろう生地で 柿の実作ってます。
   中餡は 柿の実と柚子ジャムを白餡に合わせて小鍋で練り合わせ
   薯蕷餡で包んだとろっとした餡です。

     
f0186711_1524212.jpg
 
               ういろう製 熟柿   


    寒波襲来 関東も 大分冷え込んできました。
    雪国の生活を想うと やわな寒さに弱音をはいては いけませんね。
    背筋を伸ばして 気合いを入れましょう。
     

    頂き物の柚子で 今年も柚餅子を作りました。
    寒風当てて 出来あがりは 来年2月。
     
f0186711_15344645.jpg

    
     
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2017-12-13 15:58 | 和菓子 冬
2017年 12月 02日

練りきり クリスマスリース&サンタさん

     早くも12月 今年も和菓子で 一足早くクリスマス気分。
    お馴染み 口溶け柔らかな薯蕷練りきりです。
    馬毛の漉し器で漉しだした白いそぼろは 自然の色で。 
     セルクルで抜き取った生地の土台に、ふんわりそぼろを植えつけて 飾り物を載せたら完成です。 
      
f0186711_18311486.jpg

            薯蕷練りきり クリスマスリース

       柊の葉っぱは 練りきり生地。 赤はクランベリー 緑はグリーンレーズン


 白いおひげのサンタさんも 同じ生地で作ってます。↓
        
f0186711_18562261.jpg

            薯蕷練りきり サンタクロース
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2017-12-02 18:49 | 和菓子 冬
2017年 11月 30日

シナモンロール

 スイート系のパンも こねない生地で。
  卵とバター入りのブリオッシュ生地で焼きました。
  
f0186711_1771242.jpg


 ココア入りのシナモンシュガーを伸ばした生地に振りかけて クルミとレーズン載せたら
    
f0186711_1773981.jpg


 細長いロール状にして
f0186711_1783417.jpg

 6等分にカットして 例のマフィン型で焼いたもの。
 

   明日から 早くも師走。
    あれもこれもと 今年も走り続けて終わりそう・・・。    
               
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2017-11-30 17:28 | 暮らし
2017年 11月 20日

甘酒と米粉でベークドチーズ

  我が家定番 おなじみのベークドチーズケーキ。
  材料混ぜて焼くだけ。焼きっぱなしの実にシンプルなケーキ。
  
   ↓のは もち米麹で作った甘酒と米の粉を使って焼いたもの。
      
f0186711_1512590.jpg
 
   もち米麹で作った甘酒は かなり糖度が高いので、加えるグラニュー糖は 控えめに。
   甘酒の状態を観て 毎回お砂糖の量を微調整しています。
   米の粉は 薯蕷饅頭に使う粒子の細かい上用粉。
    もっちりしっとり焼きあがります。

   小さな厨房での備忘録代わりのブログも 10年目に突入しました。
   同じものを作っても 試行錯誤の繰り返し。
    力量不足を痛感しながらも 挑戦する気持ちは忘れずに。
      少しでも多くの引き出しをもって また新たなアンテナを広げたいと思います。

      日ごとに 寒くなりました。
      ご自愛ください。             
 
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2017-11-20 16:16 | 焼き菓子
2017年 11月 09日

マフィン型で焼いたパン

 イースト入りのマフィン。 
こねないパン生地で焼いた お手軽プレーンなマフィン型のパンです。
   
f0186711_15104074.jpg


   
    使い勝手抜群のシリコン加工の型は 浅草 馬嶋屋さんで。↓
     
f0186711_1512428.jpg

[PR]

# by kurashinonakaniya | 2017-11-09 18:57 | 暮らし
2017年 11月 06日

韓国風サバの味噌煮

自家製唐辛子味噌を使って作る韓国風サバの味噌煮↓
 
f0186711_22262578.jpg

  レシピの元は 数年前の朝日で掲載された韓国料理家ジョン・キョンファさんによるもの。
  和のサバの味噌煮とは、ひと味違うピリ辛味が新鮮で、いつしか我が家の定番メニューのひとつとなった。
  サバと一緒に炊いているのは 皮を剥いた茄子。サバが大方炊けた段階で茄子を加える。
   牛蒡や大根もいいけれど 煮汁が浸み込んだ茄子も また美味。
   ほっこり ふっくら 白いご飯が進む家庭の味だ。

 
   ウオーキング途中で立ち寄った気象大学校。↓
   
f0186711_2253011.jpg
  
    黄色に染まった公孫樹。道の奥には銀杏がいっぱい。
    秋は 深まり 日は また一段と短く。明日は 暦の上では 立冬。 
     
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2017-11-06 23:26 | 暮らし
2017年 10月 28日

栗茶巾

 長野土産の小布施の栗で 取り急ぎ 茶巾絞り。
  
f0186711_17115111.jpg

      
 蒸気のあがった蒸し器で 強火で15分蒸して 実を取り出したら フープロに。
 加えるお砂糖は 生地の20パーセントで。今日は種子島産原糖を使用。
 
f0186711_17182461.jpg

 生地を固く絞った布巾に載せてもみ込んだら @35g程度に分割。
 絹布巾でギュッと絞って 出来あがり。
 栗本来の香りと味を楽しむ素朴なお菓子。甘さは 控えめに。
  
 先日放送の「趣味の園芸」に刺激されて 午前中 ギボウシの株分け作業開始。
 10数年? いや それ以上植えっぱなしだったので 根は張り過ぎて それはそれは大変でした・・・。
 
 お昼をはさんで 午後まで1人黙々と。どうにか6つの株に分けて 雨降る前に植付終了。
  宿根草も やっぱり定期的な手入れが必要なんだと痛感した次第。以後 肝に銘じて。

[PR]

# by kurashinonakaniya | 2017-10-28 17:24 | 和菓子 秋
2017年 10月 25日

甘酒入り葛プリン

 自家製麹で作る甘酒は 絶えず冷蔵庫にストックしています。
 煮たきもの 漬物 パンやお菓子作りに欠かせない必須アイテムです。

  ↓は 葛に甘酒 豆乳 牛乳を合わせて万能漉し器に通してから、一つまみの粉寒天を加え、鍋で練って冷やし固めたもの。
   
f0186711_2191240.jpg

   甘酒の甘さで十分なので お砂糖は 生地には入れてません。
   充分冷えたら 蜂蜜垂らして おろし生姜を載せて 頂きます。
    自然の甘さに クリーミーなトロトロの食感。
    女性に受ける和のデザートです。
     

                   

[PR]

# by kurashinonakaniya | 2017-10-25 22:29 | 手作り菓子
2017年 10月 22日

玉みそ

 図書館から借りた野崎洋光さんの本に 作り置きして使いまわす卵のたれが紹介されていた。
 それが 玉みそ。つまり卵黄入りの練り味噌のこと。
 美味しい割合は 粒白味噌200g 砂糖 酒 みりん各大匙1 卵黄1個。

 自家製白甘味噌を使って 早速作ってみたのが ↓
  
f0186711_1646681.jpg


   調味料と卵黄を味噌に混ぜて 弱火で練って 卵黄が味噌になじんだら 中火に。
   艶よく 練りあげて 火を止めて 冷まして冷蔵庫へ。冷蔵庫で2か月は保存可とか。

   豆腐やナス 大根の田楽に。酢を加えて 酢味噌や 木の芽味噌 柚子味噌にも展開可。
   
    薄くスライスして油焼きした茄子のゴマ味噌和えにもいいし 何かと重宝な練り味噌です。

           


  
[PR]

# by kurashinonakaniya | 2017-10-22 16:58 | 暮らし